パスポート切替

Pocket

海外に行くなら、まずパスポートが無いことにはどうにもなりません。

ちょうど、私のパスポートは有効期限が来年までだったので、
パスポートの切替を済ませることに。

有効期限が1年間を切っていると、パスポートは切替(要するに更新)ができます。
ただ、有効期限が1年を切っていない場合でも、
長期で海外滞在する証明があれば、切替することができるケースはあるようです。

パスポートは5年有効なものと、10年有効なものの2種類があり、
5年のは11,000円、10年のは16,000円(2009.10.25現在)なので、
コストパフォーマンスで考えたら10年の方がお得なのです。

が、私は5年用にしました。

私はそんなに海外に頻繁に行く人間ではないので、
この先5年間(1年前に切替できるので実質4年間)のうち、
今回の世界一周以外に海外には行かないであろう、

という推測のもと、

今回のパスポートは、完全に世界一周用のパスポートとして、
思い出の品にしたいと思ったからです。

混じりっ気なしの、純度100%世界一周パスポートにするのです。

10年用だと、さすがに10年以内には他にも海外行きそうだなーと思いまして。

あともう一点。
パスポートの写真って、車の免許以上に、長期間変えられないので、
ブサイクな顔の写真になってしまった場合は、10年用は後悔しますよー(笑)。

そうじゃなくても、さすがに10年間も写真が変わらないと、
明らかに今の(例えば10年後の)自分とは顔とか髪型からは、かけ離れてしまいますから。

海外の入国審査で審査官が、パスポートと私の顔を数秒間にらめっこしたりして・・・。
「いや、同一人物だから・・・」と心の中で突っ込むのも切ないものです。

そんなこんなで今回は5年用に。
ちなみに5年用はパスポートの色が青、10年用は赤です。

でも、ひとつだけ気がかりなことが見つかりました。
5年用と10年用では、実はページ数が違うのです。

これは盲点でした。
査証欄のページ数は5年用が28ページ、10年用が44ページとのこと。
違うのは有効期間だけかと思っていたのに、これは困ったちゃんです。

世界一周するのに、28ページじゃさすがに心細すぎます。
まぁ足りなくなった時点で、現地の日本大使館なりで増補すれば良いのでしょうが、

たまたま日本大使館が超遠い場所にある街だったとか、
明日には出発したいのに、今日は大使館休みだったとか、

そんなどうでもいいトラブルで足枷を食うことも、十分に予想できます。

だからここはひとつ、日本に居るうちに、増補してしまうことに決めました。
増補というのは、パスポートの査証欄を増やすことで、40ページ追加されます。
なので、増補とすると、5年用パスポートの査証欄は68ページになるのです。

68ページあれば安心です!

これで足りなかったらどうしよ・・・笑。(ちなみに増補は1回しかできない)

なお、パスポートを新規申請する場合や、切替申請する場合は、
1週間ぐらいかかる(受取が1週間後)のですが、増補の場合は30分ぐらいで出来上がるそうです。

余談ですが、現在のパスポートは、
中央にICチップ?の埋め込まれた厚紙のようなページがあって、若干分厚くなっていました。

これを増補してさらに分厚くするとなると、
セキュリティポーチ(貴重品を入れて服の下に隠すもの)に入れるとき、
かさばりそうで心配です・・・。

Pocket