ボリビア・ラパス行き航空券の予約方法(アメリカン航空)

Pocket

uyunitour_walkthrough

 

ウユニ塩湖旅行のTIPS▼
A.  社会人がウユニ塩湖旅行を個人手配するための説明書-1(基礎知識)
B.  ボリビア・ラパス行き航空券の予約方法(アメリカン航空)←今ココ
C.  ウユニ行き航空券の予約方法(アマゾナス / Amaszonas)
D.  ボリビア・ラパスとウユニのおすすめ宿/ホテル
E.  社会人がウユニ塩湖旅行を個人手配するための説明書-2(出発前準備)
F.  ウユニ塩湖旅行に必ずパッキングすべき10の持ち物
G.  社会人がウユニ塩湖旅行を個人手配するための説明書-3(旅行の流れ)

 

ウユニ塩湖に行くためには、まずはボリビアの首都ラパスまでの航空チケットを確保しなければなりません。

アメリカン航空のサイトで、航空券を予約する方法を解説します。

AmericanAir_SS_a

 

ウェブサイトは基本的にちょこちょこ修正されるものなので、最新版と違ったら許してね。(教えてくれれば更新します)

 

さて、アメリカン航空のサイトは普通に日本語対応しているので、正直なところ予約は難しくありません。とはいえ、海外の航空券を直接自分で予約するのは、慣れていないと妙に不安だったりすると思いますので、しっかり説明しますヨ。

 

とりあえず、「フライトを検索」の入力欄を埋めて検索してみます。

出発地:成田、到着地:ラパス、日付はひとまずそれっぽい日程でテキトーに、2017年2月4日(土)~2017年2月12日(日)で、ひとまず「フライト検索」をクリック!

するとエラーが!

AmericanAir_SS_b

 

どうやら出発地:「成田」、到着地:「ラパス」が間違っている模様。
関係ないけど、出発日の表記が「出発地」と間違っている・・・。

うーん、アメリカン航空はアメリカの会社なので、もともとのサイトが英語ベースで作られていて、それを表面的に日本語翻訳しただけなのだろうと思われます。

いろいろ試してみた結果、英語で入力するのが正解のようでした。(いずれ変わるかも)
こういうところが、海外航空券手配の侮れないところ。

AmericanAir_SS_c

都市名を英語で、たとえば「narita」と入力すると、候補で出てくるようですね・・・。とりあえず検索する分には「東京エリア(TYO)日本」の方が検索範囲が広い(成田発と羽田発を含む)ので、これを選んでおきます。

ちなみに、かっこ内に表示されている「NRT」などの3文字表記は、国際的に定められている、各空港のコードです。成田ならNRT、羽田ならHNDと決まっているので、こういうのを覚えておくと、海外のチケット検索する時に役に立ちます。

今回のように日本語での検索ができない場合などは、NRTなどの空港コードを入力するのが一番確実です。おそらくどこのサイトでも、この空港コードだけは検索ができるはずです。

ちなみに、ラパスについては「Lapaz」「La Paz」などとで入力してみても候補が出ず、結局正解が分からずじまい。こんな時こそ、空港コードです。ラパス(エル・アルト)空港のコードは「LPB」。これを入力してみると・・・。

AmericanAir_SS_d

ほらね。

とりあえず、ウユニ塩湖旅行を考える場合、成田空港「NRT」、羽田空港「HND」、ラパス空港「LPB」、ウユニ空港「UYU」の4つだけでも覚えておくと便利ですよ。

 

検索すると、こんな画面になります。

AmericanAir_SS_e

 

行きと帰りの日付の組み合わせで、往復の料金が分かる表ですね。

これは親切。

 

とりあえず、このままの日付で進めてみます。

AmericanAir_SS_f

右下の「選択」をクリック。

 

その次がこんな画面。行きと帰りの便を選びます。

AmericanAir_SS_h

ただ、最低運賃だと選べる便が限られています。(選べない便はグレーアウトしている)

 

この中で唯一選べる、行きの便を見てみることにしましょう。

AmericanAir_SS_i

 

とりあえず、成田からラパス(ボリビア)までが24時間37分というは、超早いです。最高です。

そこで、もう少しちゃんと見てみましょう。フライトの詳細をクリックすると、下の画面が表示されます。

 

AmericanAir_SS_j

ふむふむ。

 

出発と到着の日時を並べてみるとこんな感じです。

フライト①
2017年2月4日 18:20発 成田
2017年2月4日 15:10着 シカゴ

フライト②
2017年2月4日 16:35発 シカゴ
2017年2月4日 20:48着 マイアミ

フライト③
2017年2月4日 22:20発 マイアミ
2017年2月5日 05:57着 ラパス

 

ここにひとつの問題点があります。どこが問題か分かるでしょうか?

ちなみに、フライト③の到着を除いて、ずっと2017年2月4日というのは不思議な感じがするかもしれませんが、これは時差によるもので、間違いではありません。

 

問題は、フライト①の到着が15:10、次の出発が16:35で、乗り継ぎ時間が1時間25分しかないということです。まず前提として、フライトの出発や到着は15分程度なら簡単に遅延しますし、事前に変更されることも珍しくありません。ですので、実質1時間10分程度しか余裕がないことになります。

この1時間10分のうちに、やらなければならないことは、到着して、入国審査を受ける→預け荷物を受け取る→税関を通る→預け荷物を預け直す→保安検査場で検査を受ける→ゲートに向かう→搭乗する、です。

入国審査と保安検査場は間違いなく並ぶことになるので、特に(入国審査での)待ち時間が長いとそれだけでアウトです。

というのと、そもそもアメリカでの(最初の)乗り継ぎが1時間25分しか空いていないのは、おそらく最低ラインの時間なので、フライト①もしくはフライト②の出発時間が5分や10分程度でも変更になれば、便の組み直しが必要になるはずです。(アメリカン航空から連絡が来て、調整をしなければならないハメになり、結構めんどくさいです。)

 

そこで、一旦ここはもう少し高いチケットで、良いスケジュールがないか探してみます。先ほどは最低運賃で探していましたので、その右の「その他のフライト」にチェックを入れます。

AmericanAir_SS_k

 

すると先ほどはグレーアウトして選べなかった便も選べる状態になります。

しかし、この中で選べる便はどれもスケジュールがキツキツだったので、日付を変えてもう少し検索してみます。

そうするとこんな便がありました。

AmericanAir_SS_l

 

フライト詳細こんな感じ。

AmericanAir_SS_m

 

フライト①と②の間が2時間半、フライト②と③の間が8時間弱。まぁまぁですね。

2時間半っていってもそんなに余裕あるわけではないですが、まぁ大きなズレがなければ何とかなるかなーっていうぐらいの乗り継ぎ時間です。

フライト②と③の間は楽勝すぎて、暇つぶしが大変ですが、海外フライトの乗り継ぎって、もっととてつもない空き時間も珍しくないので、まぁ8時間とかなら許容範囲です。アメリカ入国の際は時間かかりますが、出国には時間はあまりかからないので、正直フライト②と③の間はそんなに余裕いらないのですが・・・。まぁ仕方ないです。

 

ちなみに、私が新婚旅行で日本からボリビアに行った時に取ったチケット(アメリカン航空)のフライトスケジュールはこんな感じでした。

フライト①
17:05 成田発 → 9:50 ロサンゼルス着

フライト②
12:30 ロサンゼルス発 → 20:21 マイアミ着

フライト③
22:20 マイアミ発 →翌6:01 ラパス着

 

私の時もフライト①と②の間が、大体2時間半ですね。実際の感想としては、結構時間の余裕がなかったです。まず、ロサンゼルス空港ということもあって、入国審査で長蛇の列ができてて1時間ぐらいかかったような気がします。(余裕こいてないで、飛行機降りてダッシュで行けば良かったです・・・)

それから、運悪く税関で止められて、そこで1時間ぐらいかかりました。(まじで焦った)

結果的にはわりと普通に間に合いましたけど、やっぱり最低2時間半ぐらいは乗り継ぎ時間は欲しいかなと思います。

ただし、これはアメリカの最初の乗り換えの場合のみで、成田→シカゴ→マイアミ→ラパスという乗り換えがある場合、シカゴでの乗り継ぎ時間は2時間半欲しいですが、マイアミでの乗り継ぎは1時間半とかでも大丈夫だと思います。出国なので税関検査が当然ないのと、入国審査に比べて出国審査はそんなに時間がかからないからです。(入ってくる人は警戒すべきですが、出ていく人はもはや関係ないので)

 

そんな感じで行きの便と帰りの便を選んだら、合計金額を確認します。

AmericanAir_SS_n

問題なければ、右下の「選択」をクリック。

 

AmericanAir_SS_n

 

 

フライトスケジュールの再確認画面になるので、もう一度間違いがないか確認して・・・

AmericanAir_SS_o

 

サーチャージ込みの最終的な金額を確認。問題なければ、「旅行者情報」をクリック。

 

搭乗者の情報を入力します。

AmericanAir_SS_p

とりあえず赤の米印がついているところだけ入力すれば大丈夫。フリークエントフライヤー情報は、分からない人は無視してOK。

とにかく、名前だけは一字一句間違いないように入力すること!

 

セキュア・フライト搭乗者情報の画面になります。

AmericanAir_SS_q

 

ここでのドキュメント番号は、パスポート番号ではありません。一般の人には訳が分からないと思いますので、心当たりがなければ何も入力せず、「次へ」。

 

購入前の確認画面になります。

AmericanAir_SS_r

 

このまま購入してもいいのですが、一旦予約の保留という手があります。

「予約を保留にする」にチェックを入れて、「保留にする」をクリックすると、予約が翌日ぐらいまで保留にされます。(支払いせずに、一時的に仮押さえができます)

このまま期限内に支払わなければ予約はキャンセルされますし、期限内に支払いが済めば正式に予約完了となります。

ちなみに一旦保留にした後、改めてサイトを訪れ、支払いページに進むには、トップページの「ご旅程の確認」タブで、氏名と、予約番号を入力して、「検索」をクリックすればOK。

AmericanAir_SS_s

 

「購入手続きをする」で購入画面に進みます。

AmericanAir_SS_t

 

以上です。

 

さて、チケット予約を保留にしている間にやりたいことがもうひとつ。

それは、ラパスからウユニまでの航空券の予約です。ラパスまでの航空券がうまく取れても、そこからウユニ行きの航空券が取れないと意味がありませんから(バスや電車で行ってもいいですが)、この予約保留の猶予期間を利用して、ウユニ行きのチケット取ってしまいましょう。

次回は、ウユニ行きの航空券の予約方法を説明します。

 

Pocket