ウユニ行き航空券の予約方法(アマゾナス / Amaszonas)

Pocket

uyunitour_walkthrough

 

ウユニ塩湖旅行のTIPS▼
A.  社会人がウユニ塩湖旅行を個人手配するための説明書-1(基礎知識)
B.  ボリビア・ラパス行き航空券の予約方法(アメリカン航空)
C.  ウユニ行き航空券の予約方法(アマゾナス / Amaszonas)←今ココ
D.  ボリビア・ラパスとウユニのおすすめ宿/ホテル
E.  社会人がウユニ塩湖旅行を個人手配するための説明書-2(出発前準備)
F.  ウユニ塩湖旅行に必ずパッキングすべき10の持ち物
G.  社会人がウユニ塩湖旅行を個人手配するための説明書-3(旅行の流れ)

 

ボリビアの首都ラパスから、ウユニ塩湖の最寄りの町「ウユニ」までの行き方は3通り。

①バス
②バス+電車
③飛行機

です。時間に余裕があって、お金を少しでも節約したい人は①か②で!

短期旅行で日本からやってきてるから、とにかく早くウユニ塩湖に行きたいという方は、ぜひ飛行機で!短期の人には、お金よりも時間の方が貴重なので飛行機がおすすめです。

ここでは、飛行機でウユニに行くための、航空券の予約方法を詳しく説明します。

 

ウユニ行きの飛行機としておそらく最も有名なのは、アマゾナス航空でしょう。(本来はアマソナスと読みますが、ローマ字読み的にアマゾナスとしておきます)

他に、TAM航空、最近だとボリビアーナ航空もあるようですが、TAMは確か直行便がなく、またボリビアーナはウェブサイトが現状スペイン語メインってこともあり、どちらも今ひとつ。

アマゾナス航空は、直行便で毎日運航しているし、サイトも英語対応、価格もまぁまぁ安いので一番妥当かと思われます。

というわけで、アマゾナス航空での、ラパス発ウユニ行き航空券の予約方法です。

 

まずはアマゾナス航空のウェブサイトにアクセス。

https://www.amaszonas.com/

※「Amaszonas」とGoogle検索しても出てきます。音読のままAmazonasとs抜けで入力しがちですが、Googleが空気読んでくれますので特に問題ありません。

すると、こんな画面。
AmaszonasAir_SS_a

ウェブサイトは基本的にちょこちょこ修正されるものなので、最新版と違ったら許してね。(教えてくれれば更新します)

中央に国選択(言語選択?)のポップアップが表示されます。

ここで日本人のあなたは、最初のハテナ。この中のどの国にも属さない私は一体何を選べば?とお思いでしょうが、「USA」でオーケーです。

USAだと英語、Brasilだとポルトガル語、その他はスペイン語表示です。英語の読解力がなくても、ポルトガル語やスペイン語よりはマシでしょう。。

間違って押してしまった、もしくはそもそもポップアップが表示されなかった方は、画面の右上に選ぶところがありますのでご安心を。

AmaszonasAir_SS_b

 

さっそく航空券を検索してみます。

AmaszonasAir_SS_c

ここでは、BUY(購入)、Pay reservation(予約支払い)、Check-in(チェックイン)の3つが行えるようですが、「BUY」のままでオーケー。

Departure city(出発地)にはラパス [La Paz(LPB)]を、Arrival city(到着地)にはウユニ [Uyuni(UYU)]を選びます。

One way(片道)とReturn(往復)は、Returnのままで。

Departure Date(出発日)とReturn Date(帰着日)には、ラパスからウユニへの往復の予定日を入れます。

Adults(大人)、Children(子供)、Infant(幼児)に、予定の人数を入れて、「Search」(検索)をクリック。

 

すると、こんな画面になります。

AmaszonasAir_SS_d

 

若干スペイン語交じりだったりしますが、そのあたりはお気になさらず。

表みたいなものが2つ表示されますが、上が行きの便、下が帰りの便です。

 

この例でいうと、こっちが行きの便ですね。
AmaszonasAir_SS_d2

 

この表の見方を説明します。

 

まずこの表示ですが、
AmaszonasAir_SS_d3

Going flight(行きの便)、2017年2月3日|ラパス(LPB)発 – ウユニ(UYU)行き

という意味です。

 

その下にあるのが、価格表ですが、検索した日が中心に表示されています。
AmaszonasAir_SS_d4

左右に3日ずつ、計7日分の日付とそれぞれの最安値が一緒に表示されていますので、他の日付の価格や、空いている便をチェックできる仕組みです。わりと便利。

赤枠には、Friday(金曜日)、最安値が87.79USドル、2017年2月3日と表示されています。

 

さて、肝心の価格表です。
AmaszonasAir_SS_d5

この場合、302便、304便、306便、308便の4便が表示されていますので、赤枠の302便を例に説明します。

 

左半分が便の情報。

FLIGHT(便コード):302
Operator:Z8(これは無視していいです)Departure Time(出発時刻):7時30分
Arrival Time(到着時刻):8時15分
Flying time(飛行時間):45分

 

右半分の青色ゾーンが価格情報。

Super Promotional(スーパー特割):87.79ドル
Promotional(特割):100.29ドル
Flexible(フレキシブル):125.43ドル
Full Flexible(フルフレキシブル):144.68ドル

おそらくSuper Promotional(言うなればスーパー特割)とPromotional(特割)は、「席数」もしくは「何日前まで購入」といった制限があって、要するに早い者勝ちかと。

Flexible(フレキシブル)はその名の通り、安くはないけどフレキシブル(柔軟)なのでしょう。おそらく一定の条件下で予約便の変更や払い戻しが効くものと思われます。これがいわゆる標準価格なのかな。

Full Flexible(フルフレキシブル)は、さらにフレキシブルということで、きっと予約便の変更や払い戻しに対してより柔軟に対応してもらえるチケットなのだろうと思われます。

まぁ私なら迷わずスーパー特割を買います!

あと価格の下に小さく書かれた「disponible」はスペイン語ですが、英語で言うとavailable、つまり残り席数(その便全体の、ではなくて、その価格での残りチケット枚数)ですので、ここもよく見ておいて下さい。ちんたらしていると、すぐにチケットは売れていきます。

 

行きの便と帰りの便を選択したら、一番下まで画面をスクロール。

AmaszonasAir_SS_d6

Tarifaはチケット代、Impuestosは税金、Totalが合計金額です。

※右上の「Ver Regulaciones tarifarias」は航空券の諸規定です。要するに、変更時の手数料や返金条件など。内容はスペイン語なのでハードル高いですが、一応見ておくことをおすすめします。

問題なければ「Continue」をクリック。

 

AmaszonasAir_SS_e

選択した便と金額の再確認画面です。なぜかUSドルとブラジルレアルの2種類表示されていて選ぶ仕様になっています。赤枠のMonedasのところで、「USD – DOLLARES AMERICANOS」を選択して、右下の「Continue」。

 

次はこんな画面。
AmaszonasAir_SS_f

 

入力箇所が多いので、分けて説明します。

まず最初にPASSENGERS(搭乗者)情報
AmaszonasAir_SS_f2

こんな感じで入力します。

Adults(大人)←確認だけしましょう。
Title(要するにミスターorミセス):男性なら「Mr.」 女性なら「Mrs.」(Ms.?)を選びます。
Form or Document of Identification(身分証明): 「Passport」を選びます。
Country of Issue(発行国): 日本発行のパスポートであれば「Japon」を選びます。
Number of Form of Identification(身分証明書番号=パスポート番号): パスポート番号を入力して下さい。
Name(名): 下の名前をパスポート記載の通りに入力して下さい。
Last Name(姓): 苗字をパスポート記載の通りに入力して下さい。

パスポート番号と名前は、とても重要な入力箇所です。ここが間違っていると最悪搭乗できない場合がありますので、ご注意を。

 

次に購入者情報。
AmaszonasAir_SS_f3

こんな感じで入力します。だいたい予想できると思いますが、*印が入力必須項目です。

Name(名): 下の名前をパスポート記載の通りに入力して下さい。
Last Name(姓):苗字をパスポート記載の通りに入力して下さい。
Local Phone Number(電話番号):電話番号(使っているものであれば固定・携帯を問わず何でもよいと思います)を入力します。
Mobile Phone Number(携帯電話番号):入力不要です。
Email(Eメール):Eメールアドレスを入力して下さい。予約確定のメールなどがここに届きます。
Address(住所):現住所を入力して下さい。
Country:日本在住であれば、「Japon」を選びます。
※ちなみにこういう時、キーボードの「J」を何度か押すと早く見つかります。
Nit:入力不要です。
ID/Passport:パスポート番号を入力して下さい。

 

続いて支払い方法選択。
AmaszonasAir_SS_f4

 

支払い方法がずいぶん増えて便利になっています!PayPalなんかもあります!

お持ちのクレジットカード会社を選んで下さい。JCBはありません!

そういえばネットの情報で、アマゾナス航空のチケット予約時に、クレジットカード決済ができず、裏技的に、オペレーターに直接カード番号を伝えて購入できる!みたいな記事があるのですが、あれはもう古い情報なので無視して良いと思われます。

もちろん、今でも同じようなことが起これば、オペレーターの配慮で同じように対応はしてもらえると思いますが、そもそも支払いのシステムは変更されているので、普通に決済できるはずです。いまは支払いの部分だけPay-meという決済代行会社のシステムを導入している模様。

ちなみに私が購入した時は、このPay-me導入前で、前述のネット記事以後でしたが、普通にVISAのカードで決済できました。まぁ、インターネットの世界ですから、状況はどんどん変わっていきます。あまり心配なさらずどうぞ。

 

それからそれから。
AmaszonasAir_SS_f5

I agree with the terms and conditions of use(利用規約文に同意します、的な)にチェックを入れて、「Buy」をクリック。(Buyと言ってもまだ確定しません)

利用規約文は、View terms and conditions のリンクをクリックすると読めます。だいたい予想できると思いますが、全部スペイン語です。笑

 

この画面で、入力内容確認します。
AmaszonasAir_SS_g

問題なければ「Buy」をクリック。(まだ確定しません)

 

次が、支払い画面です。

そして全面的にスペイン語。笑
AmaszonasAir_SS_h

 

「Datos de la tarjeta」は、カード情報。「Datos de la Compra」は購入情報。

カード情報の下の入力欄を埋めていきましょう。

AmaszonasAir_SS_h2

Tipo de tarjeta(カードタイプ):
この例では、VISAかMASTERのどちらかを選ぶようになっています。

Numero de la tarjeta(カード番号):
クレジットカード番号を入力して下さい。

Fecha de Expiracion(有効期限):
クレジットカードの有効期限を、月、年の順に選びます。

しかし、月のところが完全スペイン語になっててエグい。笑

AmaszonasAir_SS_h3

一応参考まで、Mes(月)は初期表示で、Enero(1月)以降は1月~12月まで順番通りで、最後のDiciembleが12月です。何となく英語に似ているので、分かる人には分かるかも。

 

続けます。
AmaszonasAir_SS_h4

Codigo de Seguridad(セキュリティ番号):
クレジットカードの裏に記載されている三桁のアレです。

Ingresa el texto de la imagen(画像のアルファベット):
画像中のアルファベットを読み取って、入力して下さい。

名前とメールアドレスを確認してたら

「Pagar(支払い)」をクリック!これで支払いが完了します。

※その下の「Registrame en Pay-me para futuras transacciones.」は、「次回以降のためにこのカード情報を登録する」的なやつです。チェックは入れなくていいでしょう。

 

支払いが完了すると、航空券の予約は完了となります。

最後に、完了画面では予約コードとEチケット番号が表示されるはずなので、それを確認したら、念のためスクリーンショットを取るか、メモ帳に番号を控えるか、もしくは画面をとりあえずそのままにして、メールの受信箱に予約完了のメールが届いているかを確認します。

まぁ場合によって5分~10分ぐらい待ってみましょう。

もし完了画面が表示されなかった、しかもメールも来ていない、という場合は正しく予約が完了していない可能性が高いと思います。

完了画面は表示されて、画面上で予約コードとEチケット番号も確認できたものの、メールが来ないという場合は、もうしばらく待ってみましょう。ひょっとするとメールの受信箱ではなく、迷惑メールフォルダに入っていたり、もしくはそもそもメールアドレスの入力ミスの恐れもありますね。

メールまで確認できれば、バッチリ完了です。お疲れさまでした。

 

 

Pocket