インドビザの取得 申請方法 記入方法

Pocket

池袋から丸の内線で2駅ほどの場所に茗荷谷(みょうがだに)という駅があり、
ここにインドビザの申請センターがあります。

昔はインド大使館でビザ発行していたみたいなのですが、
現在はここに委託しているみたいですね。

ちなみに最近だとアライバルビザ取れるみたいですけども、どうなんでしょう。
インドという国柄、ビザのようなデリケートのものを、
到着時の状況に委ねるような行為はちょっとリスキーにも思えるのだけども。

国内でのビザの申請方法は、

パスポート
パスポート用の写真1枚
費用(現時点は1,935円でしたが、今後変動の可能性アリ)

を持って、申請センターに行けばOK。

申請書があるので必要事項を記入して、一緒に提出します。

ただ、この申請書は全て英語なので、
不安な人は事前にネットで申請書(PDFファイル)をプリントアウトして書いて持っていくか、
もしくは予め回答内容をシミュレーションしておくとスムーズに行くかと思います。

実際、その場の感覚のみで書いてみると、結構時間がかかります・・・。
あと記入用の台の高さが微妙なので、変に疲れます・・・。

提出したら、控えの紙をもらって一度帰宅します。
(発行は最速で翌営業日(以降)になるため)

1,935円という中途半端な料金設定のくせに、結構お釣りが不足しているようなので、
ジャストじゃないにしても、35円ぐらいは用意しておいた方が良いです。

運が悪いと、「コンビニで何か買って崩してきてー」と言われます。
※私が行った時に実際に言われている人が居ました。

受取日が来たら、もう一度申請センターに行って受領すれば完了です。

なお、この受け取りの時間帯は、なぜか17:30~18:00の30分間のみで、
「なんでやねん」と突っ込みたくなりますが、我慢して向かいます。

実際に行ってみると、30分ぐらい前から人が結構並んでいて、
ドアが開くのを今や遅しと皆待っています。

何でそんなに並んでいるのかは不明ですが、
きっと順番待ちしている間に18:00になってしまったら、
「はい、また明日ねー」とか言われるからなんですかねぇ。

正直待っている間は何もすることがないので、
「この人もインド行くんだー。」「この人インドっぽいなー」「こいつは・・・ガンジャ?」
などと妄想して時間を過ごします。

結構時間がかかるのかと思いきや、私は5分ぐらいで受け取れましたが。
他の人は結構時間かかっていましたので、早めに行った方が良さそうではあります。

しかし茗荷谷って、ビザ申請しなかったら全く来る用事がないようなところなので、
申請と受け取りで2回足を運ぶのは、非効率だし、交通費も結構バカになりません。
出発まで時間に余裕のある人は郵送で取得するのがオススメです。

ただ、郵送の場合は早くて1週間、
基本的には2~3週間ぐらい見込んでおいた方が良いようなので、ご注意を。

最後に申請フォームのメモ。

1. Type of visa required (please encircle): Business /
Diplomatic / Employment / Journalist / Medical / Official
/ Research / Student / Transit / Tourism / Yoga / Other
(Please specify):

→観光ビザなのでTourismを丸で囲む。

2. Period, in months, for which visa is required:

→ビザの有効期間。Six Months(6ヶ月)でOK。

3. Number of entries required: Single / Double / Triple /Multiple

→MultipleでOK。ビザ有効期間中に何回入国できるかが変わってきます。
Singleは1回のみ。Multipleは何回でも。

4. Present Nationality of the applicant:

→自分の国籍。JAPANESEでOK

5. Full Name Mr./Mrs/Miss

→フルネームをローマ字で。

6. Previous Name, if any: Mr/Mrs/Miss

→旧姓がある人は記入。無ければNONEでOK。

7. Father’s / Husband’s Name: Mr.

→父親の名前をローマ字で。

8. Permanent Address:

→本籍を書きます。

9.Present Address & phone number:

→現住所と電話番号(携帯でもOK)を記入。

10. Profession / Occupation along with name of
Company/ address / phone number:

→会社の名前、住所、電話番号を記入。
学生は、学校の名前、住所、電話番号を。
結構、会社の住所とか覚えていなかったりするので、事前に確認を。

11.Passport particulars:
Passport No. Date of Birth
Date of issue Place of Birth
Place of issue

→パスポート番号、生年月日、パスポート発効日、出生地、発行地を記入。

12. Previous nationality (ties) held, if any

→旧国籍を持っている場合は記入。普通はないのでNONEでOK。

13. Details of previous visit(s) to India, if any:

→今までインドに何回行ったことがあるか、および行った都市の名前を記入。
初めてならNoneでOK。

14. Whether visa or extension of stay in India has been
refused previously?

→過去にビザ申請または滞在の延長を拒否されたことがあるか。
普通はないと思うのでNONEでOK。

15: If so, give details

→14がYESの場合、詳細を記入。

16. Detailed purpose of present visit:

→渡航目的と訪問予定都市を記入。
おそらく観光の人が多いので、For sightseeing とかでOK。
訪問都市が決まっていない場合は、行きそうな場所をひとつ挙げておけば良いです。

17. Expected date of departure from Japan:

→日本を発つ日

18. Expected date of Entry in India:

→インドに入国する日

19. Port of entry in India:

→インドに入国する時の都市。つまり到着空港がある都市を書けばOK。

20. Name of destination country (for transit visas):

→トランジット目的の場合のみ、次の渡航国を記入。

21. Expected date of departure from India:

→インドを発つ日。

22. Name, phone and address of two references:

→(緊急?)連絡先の住所と電話番号を2つ記入。
インドと日本を1つずつ。もしくは日本を2つ。

23. I undertake to utilise my visit to India for the purpose
for which the visa has been applied for and for that
purpose only.

→署名(パスポート同じ署名で)

Date

→申請日(申請書を書いた日)を記入。

Place

→申請地を記入。

おしまい。

あ、あとマルチビザでも、一回インドを出国すると2ヶ月間は再入国できない、
っていう新ルールが、私が旅してる最中にできたので、ご注意を。

ちゃんと旅行計画書とか航空券とかをきちんと提示すれば大丈夫とか
言われてるんだけども、そんなものもアテにはならない気がしますね~。
実際、私の友人も、国内でのビサ申請時からそういうの提出したりしてたのにも関わらず、
再入国させてもらえず、結局ワイロで解決したらしい(笑)

 

Pocket