海外で電車に乗る時は。

Pocket

海外、特に始めての土地では、電車や地下鉄が非常に便利です。
逆にバスは非常に使いづらい。

慣れればもちろん便利なんですが、
何せ、バスはどこを走っているのかが分かりづらいですよね。

バスごとに走るルートも違うし、ボタン押すなりして、
申告して降りなきゃいけないから、土地勘のない場所だと、どうしようもない。

電車の場合だと、走るルートが単純だし、駅ごとに停車してくれるしで、
比較的分かりやすいと思います。

ただ、それでもまぁ初めてだと分かりづらいもので。
しかも降りる駅のアナウンスが無いことも珍しくありませんしね。

そこで、電車に乗る時のちょっとしたコツなんですが、
なるべく先頭に近い車両に乗りましょう。(可能なら先頭車両がベスト)

駅に到着する時に、一番先に駅名(の看板)が確認できるのが先頭車両だからです。
駅によっては、駅名の看板が少ししか無いところもあり、
後ろの方の車両だとどこに着いたのかが分かりづらい場合があります。
(インドとかだともう、駅名とかあるの?っていうぐらいの勢いです)

先頭車両ならば、駅名を確認できたあとに、電車が停車するので、
余裕を持って降車することができますよ。

結構細かくて、どうでもよさそうに思えることなんですが、
安心感が全然違います。

Pocket