ケバブ

Pocket

トルコといえばケバブ、ケバブといえばトルコ。
そんなわけで、ケバブ食っとかないと!

まぁケバブに準ずる料理というのは、
中東なら大抵どこでもあるんで、

私がトルコに来た時点では、正直珍しくも何ともなかったわけですが、
まぁでも、やっぱりウマい。

日本でケバブっていうと、東京とかにもよくある、
移動販売のケバブサンドイッチを思い出す人多いと思うんですけど、

ケバブってのは、肉類をローストして調理する料理の総称(by Wiki)らしーです。
だから、必ずしもああいうパンみたいなものに挟んで出てくるわけではなくて、
まぁレストランだと、どっちかっていうと、そっちの方が少ないです。

基本的には、肉の串焼きみたいなものが多くて、
それが串を刺したまま出てきたり、串を抜いた状態で出てきたりとか。

中東の他の国だと、シュワルマっていうサンドイッチが有名で、
日本でもよく見る、ぐるぐる回りながら焼かれている肉の塊を、
長いナイフで削り落として、それを野菜なんかと一緒にパンに包まれてます。

ケバブサンドイッチとは微妙に違って、まぁ大体一緒なんですけど、
いや、まぁ一緒か・・・
パンの部分が餃子みたいなパリパリの皮だったりとか(店にも依る)、
それはそれで、かなり美味だったりするものです。

ワディムーサと、ダマスカスで食った、とある店のシュワルマが
旨すぎて未だに忘れられません。

まぁ中東のファーストフードってシュワルマかファラフェルしか無いから、
ずっと食ってたら、さすがに飽きますけどね。。。

Pocket