アサイー

Pocket

あんだけ毎日食べ続けてたのに、写真を撮り忘れていたなんて・・・。
そんなわけで、画像はネットから拾ってきました。

いろんな意味で謝罪します。

ブラジル生活における、私の二大欲求といえば、

・近所のスーパーでハンバーガーを食うこと。
・近所のスーパーでアサイーを食うこと。

に違いない。

はっきり言って、このルーティンを誰よりもこなしていたのは、
私なのですから。

本当に私はアサイーの虜でした。

アサイー奴隷でした。

で、アサイーって何なの?ってところなんですが、
アサイーとはブラジルのフルーツ(ベリー系?)のことです。

予め凍らせておいたアサイーを砕いて、バナナやら砂糖やら、
あと何を入れていたのかはよく分からないんですが、
まぁ、シェイクだかスムージーといった類の、紫色の物体が出来上がるわけです。

これがねー、本当にうまい。
中毒性抜群なんです。

でも、初めて食べた時の感想といえば、

「え?これに皆ハマってんの?ふーん。」

みたいな感じでしたよ。かくいう私も。

でもね、食べていくうちに、どんどんウマさに気づいていく。
次の日になれば、無意識のうちに、

「アサイー食いてぇなぁ・・」

って呟いてる始末です。

こればっかりは食べてもらわないと理解してもらえないでしょうから、
ぜひ何かの機会に食べていただきたい。

でも、できるなら、ブラジルの暑い陽射しの下で。

Pocket