最も聴いたアルバムトップ3

Pocket

旅をしている時、iPodで聞いている曲は、自分のお気に入りのプレイリストだったり、
単純にランダムだったりすることが多いのだけど、アルバム一枚通して聴いてこその良さもある。

アルバム一枚、丸々聴きたいと思わせてくれるアルバムってのは、なかなか無い。

そしてそれが、1年以上もの間、
何回も何回も聴きたいと思わせてくれるアルバムとなれば、なおさら稀少だ。

今回はこの旅で、最も聴いたアルバムを紹介してみようと思う。

第三位

アルバム名:Once again
アーティスト名:John Legend

正直、第三位は5枚以上候補があって、かなり混戦だったのだけど、
最終的には個人的な好みで選んだ、ジョンレジェンドの2ndアルバム。

ポップスじゃないし、万人におすすめできる盤とは言い切れないけど、
少なくともR&Bやソウルが好きな人なら、間違いなく好きだと思う。

彼の作曲のセンスと、ハスキーでソウルフルな歌声が大好き。

第二位

アルバム名:Room for squares
アーティスト名:John Mayer

今となっちゃ説明不要の超売れっ子ジョンメイヤーのデビューアルバム。
300万枚以上売れたこのアルバム。売れただけあって、内容も間違いないけど、
ただの流行りの曲と違って、飽きずに長く愛聴できるところがイイ。
卓越したメロディセンスと彼の歌声が、そうさせるんだと思う。

第一位

アルバム名:Come away with me
アーティスト名:Norah Jones

第一位は、文句なしでノラジョーンズのデビューアルバム。
めっっちゃ くっっちゃ 聴いた。 とんでもなく癒し。

ちょっとミーハーな選び方だったような気もするけど、
ファッションでもアートでも、食でも何でも、
その時に一番気持ちいいもの、一番心地よいものこそが至高だと思ってマス。

今回この三枚を本当によく聴いていたのだけど、
旅で何度も聴きたくなるアルバムってのは少なからず共通点があって、

曲やアルバム全体の完成度が高いってのは勿論だけど、
基本的には、イケイケ、アゲアゲな曲調ではないということ。

長期の旅というのは、短期のそれと違って、常にフルパワーで活動していないから。
実際、毎日が変化との戦いだし、常に自分1人で解決していかなければならない問題が、
次から次に出てくる。日本みたいにスムーズに事は進まないし、とにかく疲れる。

だから、知らず知らずの内に、音楽に対して、
癒しみたいなものを求める傾向にあるんじゃないかと、私は推測している。

どんなシチュエーションで聴いても、自分の心にフィットしてくれる曲。
楽しんでても、落ち込んでても、躊躇せず、いつも再生ボタンを押したくなる曲。
そんなバランス感覚に優れた曲たちの集まったアルバムこそが、旅向きだと思う。

それが、私の場合は、この三枚だっただけで。

Pocket