新しい人がスタートを切れる場所

Pocket

この言葉がすごく刺さったので。

後から参入する者に、場所なんか空いていないのだ。空いているとしても最悪の場所だけだ。前々からそれをやっている者が、めんどくさいから手を付けてない場所が、少しだ。新しいなにかが生まれるのは、場所なんかもらえなかった者たちが、苦しまぎれに、「これしかない」とやったことからだ。場所なんか空いてると思わないほうがいいのだ。居心地の悪い座ればけつの痛くなるような荒地だけが、新しい人がスタートを切れる場所だ。

―糸井重里が『今日のダーリン』の中でー

 

 

 

Pocket