完全に不可解

Pocket

電車の自動改札機を通る時に使ういわゆる非接触ICカードで、
私の地元だとSUGOCAってのがあるんだけど、

まぁネーミングに関しては突っ込む余地がありすぎて、
一旦スルーしていただきたいけども、まぁそういう訳にはいかないことも承知の上。

早い話がSUICAの九州版。

まぁ九州らしく方言をつけた方がキャッチーだろっていう、
安易なマーケティング担当者の案により、こんなネーミングのものを
九州人は日常的に強いられるハメになったわけです。

つーか、掘り下げればSUICAなんて「Super Urban Intelligent Card 」の略ですからね。
さすがに、「すごか」なんていう方言先行のアイディアにこんな正式名称を付けられまい。

そう思って調べてみたら、

「Smart Urban Going Card」の略らしく、どう見ても後付けでワロタw

つーか、どんだけアーバン気に入ってんだよと。

はっきり言って小学生が、「超ウルトラスーパーメガトンパーンチ」とか
お互いに言い合ってるのと同じレベルだと思う。このJR発のネーミング。

今朝の話。

そんなSUGOCAをポケットからサッと取り出し、イケてるビジネスマンよろしく、
極めてさりげなく自動改札機を通ろうとしたわけですけども、

私の前に居た女性が、何と自動改札機にSUGOCAをタッチしたかと思ったら、
そのままカードを置き去りにして、通過していったのです。

何ですか、この技は?

さては、新手のスタンド使いか?

否! これひょっとして、SUGOCAをひっくり返すと、

「ずっと好きでした。

もしよかったら電話ください。

080-97xxxxxx」

みたいな文字が走り書きされてて、

「トゥルルルル・・・・・ ガチャ」

「はい・・・?」

「あ、えーと、さっき改札にカード忘れて・・ませんでしたか?」

「あ・・・はい・・・」

「あ、その・・・それでまぁ裏見て、電話かけたんだけど・・・あれってその・・・」

「・・・じ、実は好きだったんです!」

「俺もずっと前から好きだった。」

「抱いて!」

みたいな展開を期待して、SUGOCAめくろうとしたら、
その女性が急ターンで戻ってきて、キッって顔して取り上げてた。

ホーキング博士でも「女性は完全に不可解…」

>英ケンブリッジ大のスティーブン・ホーキング博士が、
>英科学誌「ニュー・サイエンティスト」のインタビューに応じ、
>何について最も考えを巡らせているかとの問いに対して
>「女性だ。完全に不可解だ」と答えた。

ホーキング博士に解らないものが、私に解るはずもない。

Pocket