自分探しの旅

Pocket

旅に出る前も、帰ってきた後も、

世界一周するとか、してきたとか、そういう話をすると、

自分探しの旅ですか?(ワラ

とか

ナカタですか?(ワラ

とか言う人が必ずいるんだけども、

自分が見つからなくて海外に探しに行く人って、
実際にはどのぐらいいるんだろうか。

私が1年半海外にいってた間にそんな人には1人も会わなかったのと、
根本的に、そんなすごい冒険があるわけでもないしなー。

まぁ、ヒップホップ=チェケラッチョ(ワラ みたいなのと同じようなもんか。

そんなことをボンヤリ考えててふと気になったんだけど、
自分探しって何だろうか?

要するに自分が見つかっていない?

→本当の自分って何だろう?

 

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 22:48:59.20
知らんがな

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/08(火) 22:49:23.11
>>2で終わってた

 

― 感がハンパないんだけども。

「本当の俺はこんなもんじゃない。まだ本気出してないぜ。」ってこと?

それとも

「本当にやりたいことが見つからない」みたいなこと??

何となく後者のような気がしないでもないんだけど、どうだろう。
何かそういう風に思いつめてる人、多そう。

最近よく思うことで、

人の人生をものすごく左右している要素のひとつに、
その人の性格があると思うんだけど、それって結構変わらない気がする。

歳とって丸くなったとか、人見知りが減ったとか、
そういう表面的な変化は誰でもあるんだろうけど、

その人のキャラというか、立ち位置みたいなものは、ほとんどの場合変わらないし、
変えられないように思う。もちろん例外はあるけども。

例えば、友達5人ぐらいで集まった時に、自分がどういう役回りになるか。

お喋り好きのムードメーカーとか、聞き役とか、マイペースとか、
世話焼きとか、押しつけられ役とか。

色々あるけど、自分のポジションって常に一緒じゃないですか?

そういうのって、10年経っても、20年経っても、全く変わらない。

自分の甥っ子とか姪っ子とか見てると、本当にかなり早い段階で、
その子のキャラ設定みたいなものが出来上がってる気がする。

それが先天的なのか後天的なのかは分からないけど、
かなり早い内に決まるとして、それが何故変わらないかを考えてみる。

分かりやすい例でいえば、イジり役とイジられ役の2人1組みたいなものがあって、
まぁ漫才でいうボケと突っ込みとか、SMのサドとマゾとか、そういうのも一緒だけど、
お互いにとって受け入れやすい組み合わせがある。

自分がある時点でイジり役だったとしたら、イジられキャラの友達を自然に欲すると思う。
その方が会話してて盛り上がるし、自分の力を発揮できるから。
たぶん、イジり役同士だったら、お互い引かないからケンカになるし、
イジられ役同士だったら誰もイジってくれずに盛り上がらないから、つまらない。

そういう風になる。というか、なりがちだと思う。

必然的に、自分にとって、もっとも収まりの良いところに、
人は集まり、集められていき、

その結果としてそのポジションの適性みたいなものが、
磨かれていくんだと思う。

ここまで全部仮定だけど。

サッカーの監督みたいな人がいて、昨日までフォワードやってた子を、

「お前の足の速さを活かして、サイドバックやってみろ!」

みたいに、強制的にコンバートするシステムでもあれば、ちょっとは変わるかなぁ。

いや、変わんねーか。

そういうので変わる人って、最初から適性あったやろ、と思う部分はあるからなぁ。

ゲイの人って、やっぱ最初から適性あったやろ、って思える幼少期多いのと一緒で。

「ちょっとお前、この同性愛者向けエロ雑誌でも見てみろ!」

「こ、これは!!」

・・・その瞬間、私の中に稲妻が走りました。

とか言って、ゲイになったりせんやろ。

キャラメル食って、銀歯がとれる話とかもそう。

キャラメル自体に、銀歯を根こそぎ持っていくような粘着力があるわけではなくて、
キャラメル程度の粘着力で取れちゃうほど、銀歯が取れかかっていた。ってだけ。

キャラメルは、ただのトリガーでしかなくて
別にキャラメル食ってなくても、その内取れてたんじゃねーかと。

んー、結果論ちゃー結果論。
えらい偏った見方であることは否定できない。

長くなりすぎたけど、私が何を言いたいかというと、

その、知らぬ間に磨かれたポジション適性を、自分で把握してみたらいいやん。

ということ。

自分が思っている以上に、それは特殊能力だし、
自分が思っている以上に、それを切り離すことができないから。

サッカー選手とか、医者とか、まんが家とか、
自分の人生の行き先を特定の職業に結びつけても、

1人に1つずつ、もれなく大正解みたいな答えが
用意されているわけでもないもんで、

周りのみんなに重宝がられている自分の能力や性格を知って、
それを突き詰めていくことが、その人にとって、一番無理なく楽しく
長所を伸ばすことだと思われます。

そんで、そういうのが、色んなところに波及していって、
結構人生が楽しくなーる。

“人生は配牌で決まる
但し配牌で勝ち負けが決まるって事ではなく、
勝ちたいなら配牌を活かした手をうてって事
自分の配牌も見極めず役満ばかり狙う奴は負ける

これはどこかのスレに落ちてた言葉だけど、

個人的に、かなりの名言。

 

Pocket