アメブロ≒クロックス≒楽天

Pocket

ハイパーメディアクリエイターこと高城剛氏の話で、

イビサのプロモータが日本人DJを判断するときに、
「アメブロ」でブログをやっているDJはプロフェッショナルではない、
という判断基準があります

というのがあって、何かすごい分かるなぁと思ったことがあった。

お分かりいただけるだろうか。

それ以前に、私自身の認識が果たして
高城氏の言ってることと合致しているのか、甚だ疑問ではあるけれども。

アメブロというブログサービスは、日本でもとても認知度の高い、
人気のあるサービスだとは思うが、アーティストと呼ばれるような立ち位置の人、
それもプロフェッショナルという部類の人にふさわしいかと言われればNOだ。

もちろんプロのアーティストが使ってはいけないという意味ではなく、
イケてないというお話。

端的に言うと、アメブロはダサい。

デザイン的にも、コンテンツ的にも、決してセンスを感じるようなものではない。
ただ、一般受けはすると思う。

音楽で言ったら、アンダーグラウンドはイケてて、ポップスはダサい、
みたいな画一的な価値観になってしまっているようで、何だかアレだけど。

もちろん私個人の好みであって、万人に共通するものではないが、
例えて言うならば、クロックスのサンダルがダサい、という感覚に似ている。

大ヒットしてて、わりと履き心地がよくて、みんな持ってる。

けど、やっぱダサい。

そういや前に付き合ってた女の子で、
「彼氏がクロックス履くのを止めなかったら、最終的には別れる」
って言ってた子がいたなぁ。

それは極端やろ、とは思ったけどw

それじゃあ、イケてるブログサービスはどれ?と聞かれたならば、
強いて言えば、私ならexciteブログと答える。

んー、正直最近のはどうか知らないけど、exciteブログはシンプルで、
広告が少なくて、読みやすい、写真が映える、そんなイメージ。

ちなみにネットショッピングの業界でも、似たような分類があって、
個人的に、とんでもなくダサいなと思うのが、楽天。

何ていうか、すごい見にくいし、疲れる。
10秒もしないで、そっとブラウザを閉じたくなる。

私の衝動買いを予防してくれる、そんなショッピングページ。
ありがとう楽天。

買ったあとの、潔いほどのスパムメールっぷりもすごい。
重ねて御礼申し上げます。

リアル店舗でいうとドンキホーテに近い。
陳列ごちゃごちゃしすぎ、色ガチャガチャしすぎ、ポップ貼りすぎ的な。

そういや最近10年ぶりぐらいに、近所じゃ有名な大型老舗本屋に寄ったんだけど、
もうやっぱ本とか全然売れないっぽくて。

出版社側も何とかしなきゃってことで、「いま話題の健康法!」
「ピース又吉も愛読!」みたいなポップをつけてるんだけど、
せっかく本を探しに来たのにポップばっかり目に入ってきてウンザリするから、
余計に本が売れないっぽいんだよね。

で、たまに来る担当者も、あれ?また売上落ちてますね…もっと目立つポップにしないと…
みたいな方向に走っちゃって、もう各出版社が「俺が俺が」のポップ合戦。

最終的に平積みされた本2冊間隔ぐらいで、ポップが乱立することになっちゃって、
何ここ、ハウステンボス?っていうぐらいの勢いでポップが満開。

結果的に、もう誰も寄り付かなくなったっていう。

ちなみに店の中の客2人だったんだけど、
スタッフが5人いたから、近いうちにあの店は潰れると思います。

Pocket