記憶がなくなったりもしたけれど私は元気です。

Pocket

この前10年以上ぶりにスノーボードに行ってきて。

やべーなー、やべーなー。

まじで滑れんのかなー。

次の日ベッドから起き上がれないアレになるのかなー。

とか、いろいろ思いながらも楽しみにしてて。

 

で、気がついたら、なぜか医務室で寝てて。

 

はい?

っていう。

 

はい?

っていう。

 

スノボに来たってことは何となく覚えてるんだけど、

実際に滑ったかどうかが分からないぐらい記憶が飛んでた。

 

今はもうある程度思い出したんだけど、

一緒に行った人たちの証言なんかも合わせて説明すると、

 

とりあえず最初ゆるい傾斜のところで初心者の人と練習してみたら、

思ったより普通に滑れたのよ。

 

そんで調子づいてリフト乗って上行って、滑って下までいって。

あー、結構普通に行けるな~って思って。

 

で、2本目リフト乗って、上からまた滑り時始めたんだけど、

そこから記憶がごっそりないわけ。

 

ゲレンデの中腹で私が座り込んでるのを先輩が見かけて、声かけてくれたらしいんだけど、

そしたら私が普通に歩いて降りてきたみたいで。

 

そんで、皆に向かって

「今日って何日ですかね?」

「このボード誰のですかね?」

「(私が)住んでるのって○○ですよね?」

みたいな質問を何回も繰り返して。

 

もう完全にホラーじゃねぇか。

 

しかもその最中にずっと私の脚が震えてたらしくて。

 

逆にそれを見てた人たちの脚も震えてただろ絶対。

 

意識が戻ってからしばらくして、帰ったんだけど、

帰りの車の中でも、みんなに確認の質問をしてたっぽくて。

その時は意識があったつもりだったんだけど、

 

私が一回しか聞いてないつもりの質問が、

後日談で

「それ実は15回ぐらい聞いてたよ。みんな気を遣って突っ込まなかったけど。」

って言われた時のホラー感。

 

やばいからその日のうちに病院行って、

CTとって、まぁ結果としては何もなかったんだけども。

 

病院に付き添ってくれた先輩の嫁さんと2人で待合室にいたら、

受付 兼 守衛さんみたいな人が来て、

 

守衛 「あ、奥さんですか?」

先輩の嫁 「違います。」

守衛 「」

 

っていうやり取りが、

目の前で行われた時のホラー感。

 

正直ワロタ。

 

Pocket