スマホが必要な理由を考えなおしてみよう。

Pocket

ねぇ、考え直してみようよ、もう一度。

 

まぁ、私事ですが。

 

今年は新しいことをはじめたい。

いや、本当に今年こそは!

毎年言ってるけど、今回はまじで!

 

こういうのって、「鉄は熱いうちに打て」的なやつで、そう思っているうちにどんどん手を付けないと絶対に実現されない。そんなのずっと前から分かってるけど。

 

だからまずはその準備というか、まず生活環境の見直しから。

もっと簡単に言えば、新しい何かをするための時間作り。

自分が持つ24時間のうちの、たった1時間でもいい。

その1時間を、ほかの何かをやめて確保する。

 

それで、もっとも無駄に死んでいっている時間は何だろうと考えたとき、私の場合それはエンターテインメントに割いている時間だった。テレビ、ネット動画、SNS、ゲーム、ネット記事などの暇つぶしが多すぎた。

いや、エンタメ(娯楽)が悪いって言ってるんじゃない。過剰摂取だと言っているだけだ。

今の時代、その諸悪の根源は何かって言えば、スマホだと思う。

じゃあ、スマホが悪いんか?って言ったらそれも違う。スマホを解約してガラケーに戻せば、すごく自由な時間が増えそうな気もするが、いや今さらスマホの便利さは捨てられない!

そこで私は考えた。

そもそも私がスマホを必要だと感じている部分ってどこだろうと。

 

考えた結果それは、

連絡手段
ナビゲーション(グーグルマップや電車の乗り換え案内)
ミュージックプレイヤー
カメラ機能
調べもの、インターネット検索

そして最低限の情報収集だった。

 

そこで上記に当てはまらないアプリを削除、もしくはフォルダに整理した。

本当に見たい情報であれば家に帰ってパソコンで閲覧すれば良いのだし、わざわざ外出先で随時チェックしなければならない情報なんて基本的にはほとんどないのだから。
(FXのトレーダーとかやって食っているのであれば別だが、まぁそんなわけない)

 

というわけでこうなった。

iphone201701

 

ちなみに2ページ目はない。

 

LINEやメール、Safari、グーグルマップなどの基本的なアプリ以外でいえば、

・次すること
・Podcast
・ターゲット1900
・Feedly
・Kindle
・Pocket

この6つが、生き残った「必要なアプリ」だった。
フォルダに入れてるアプリは一部を除いて使用頻度の低いもの。

 

次にすること
簡単なタスク管理に便利。シンプルイズベスト。いまは「タスク+」に改名されてるぽい。

Podcast
ほぼテレビを見ないので必要最低限のNHKニュースを聞いてる。

ターゲット1900
英単語帳として最高のアプリ。もっと評価されていい。

Feedly
追っかけてるWEBサイトを購読するためのアプリ。追っかけてるサイト数はたぶん200とかあるけど、今はそのうち10個ぐらいのみ絞って表示させるようにしている。

Kindle
本を読もうと思って。

Pocket
目に留まった記事を放り込んでおいて、あとで読むためのアプリ。備忘録。

 

ニュースの仕入れを、PodcastでのNHKニュースにしたのが非常にでかい。朝版がだいたい15分~20分でその日のことを大体把握できるし、内容が政治とか目立った事件、スポーツなどに限られているので、過不足なくてありがたい。

一般的なニュースアプリだと余計な記事まで読まされそうになる(タイトルで誘導・誘惑される)ので、無駄な時間消費が激しいし、そういう意味でPodcastは優秀。

Feedlyで読む記事数を大幅に減らしたのも良かった。以前は全部読むのにすごい時間かかってたし、何より、最近流行りのオウンドメディアが量産するクソ記事に付き合わなくて済むようになった。

 

おかげで随分時間に余裕ができた2017年の始まり。

年末に家の大掃除やった人、年始にスマホアプリの大掃除をどうですか?

 

Pocket