始まりの始まり

Pocket

beginning of the end ならぬ、beginning of the biginning である。

 

あ、明けましておめでとうございます。

いやー、2015年明けましたね。もう結構日にち経ったけど。

平成27年ですよ。

 

27年って言ったらもう、

平成生まれの子がもう結婚して子供生んで、

その子が小学校に入学してても不思議じゃない。

なのにお前ら(わたしです)ときたら…。

 

大体ね、2015年ハッピーニューイヤー\(^o^)/って言ってたら、

友達の家呼ばれて、元旦に書き初めすることになってね。

んー、何を書こうかなぁと考えた結果、やっぱり基本が大事。

人間の基礎は体であって、健康であることが重要だと。

まぁ気づいちゃったわけよ。

 

そんで、「健」って一文字書いて。

一年間、健やかに過ごせれば、それが一番いいじゃない。

大人の風格っていうのかな。

漂ってたよね。

 

 

そしたらその日の夜にインフルエンザ発症したわけだが?

 

 

熱は出るわ、節々は痛いわ、

あとまぁとにかく寒気がすごい。

寒い寒いって言って、布団にくるまって、太ももに直で湯たんぽ挟んでるのに、その太ももが寒い。

 

そんで、

「それ絶対インフルエンザやん。」

「え、これインフルエンザなの?」

って展開のあと、病院行こうと思ったら、正月だから病院がやってない。

 

iPhoneでググったら、かろうじて急患センターみたいなところがやってたからタクシーで行ったら、

なんていうのかな、もう辺り一面がマスクマン。

インフルエンザの総本山みたいな場所でね。

 

一瞬うろたえたけど、そんな状況でもないから、ともかくまず最初に保険証とか渡して。

 

そしたらカルテを用意してもらうだけで1時間。

 

そのあと、カルテ持って、内科のところで呼ばれるまでが2時間。

 

もうフラフラになって、いくつかあるブースのひとつに招かれ、安っぽい丸イスに腰かけたら、目の前の老師(推定70歳手前)がいた。

大丈夫かいな。

 

老師 「周りにインフルエンザなった人おる?」

わたし「あー…、はい。(接してはないけど)」

老師 「んー、じゃあたぶんインフルエンザやろうね。薬出しときますから。とにかくね、ポカリスエット買って水分たくさん摂ってね。はい、じゃあ次。」

 

 

 

 

検査せえや!!

という、奇跡の雑対応。

 

ポカリスエット買って、て。

近所のおばちゃんか!

って思ったけど、もうそんなことはどうでも良くて。

一刻も早く、このインフルエンザの巣窟こと、急患センターから薬とともに脱出するのが当面の夢。

意識はもはや、あるのか無いのか分からない。

 

それでもカルテを受付に戻して、あとは会計!!

 

って思ったら、会計までが2時間弱。

 

節子!それドロップやない、おはじきや!

って言われても不思議じゃないレベル。

おはじきでも、この際もういいよね。

 

そんな2015年の幕開け。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

Pocket