新婚旅行でウユニ塩湖に行く。Part2

Pocket

xDSC_0442

 

着いた日の夜にナイトツアー行ったので、帰ってきたのが朝の8時半ぐらいだったと思う。

短期旅行の場合はとにかく時間がないので、ウユニで本物の絶景を拝みたければ
滞在期間中に何回も塩湖に行くしかない。

その日のサンセットツアーが15時から始まるのでそれまで宿で睡眠。

今回の旅程では3泊4日しかウユニに居られないので、ともかくできる限りアタック。
睡眠取らずに、そのまま朝からのツアーに参加する人とかもいるようだけど、
そいつはさすがに無理しすぎ。

20代前半とかなら、まぁ体力的に行けるかなーとも思うけど、
30も過ぎるとさすがに、睡眠がいかに重要かが分かっているので。
あとのことも考えると、ここは最低限寝た方がいい。

13時ぐらいに起きて、適当に腹ごしらえを済ませ、出発の準備。

昨夜と同じように旅行代理店の前で待っていると、名前が呼ばれて出発。

 

ウユニの町から塩湖の中まで車でだいたい1時間近くかかるので、実際にはツアーは16時スタートって感じで、昨晩同様、結構時間がない。

そして結構水が張ってないし、風が強い。

行けども行けども、ここ!っていうスポットがなくて時間ばかりが過ぎ、焦る私。

今日を除くと、残り日程はあと2日。

明日は1日フリーだが、明後日は飛行機に乗って帰る日なので、ツアーとしては明日の昼と、明日の夜までしかチャンスがない。昼間のツアーとしては明日がラストチャンスとなる。

 

なのに、ここまで一枚も写真撮れてない。

 

やばい。

 

そして、1時間ほど経過したところで私は決断した。

 

「よし、帰ろう。」

 

そうドライバーに伝えると、きょとんとしていた。

 

「え、帰るの?」

 

「え、帰るって、さっきのポイントまで戻るってこと?」

 

「いや、宿に帰るんだよ。もう今日のツアーはおしまい。」

 

そしてチップを渡して、さっさと引き上げてもらった。
早く帰れる上にチップまでもらえるんだからドライバーとしてはラッキー以外の何物でもないだろうが、私としてはこれしかないと思った。

ツアー代は完全に無駄になったけど、後悔はしてない。

銀行やATMが利用できるうちに戻り、お金をおろし、旅行代理店に行って次の日のツアーを予約する。ダメな日にいくら粘っても仕方がない。こればっかりは天候次第なので。

逆に粘って粘って、何も見れずに帰ってきて、銀行も閉まり、旅行代理店も閉まっていたら、それこそアウトだから、ここは確実に予約するためにも早めの決断をした。

そして翌日(実質の最終日)は朝からの一日ツアーを組んだ。

 

ドライバーに話を聞いていると、どうも風が強くなるのは午後からが多いらしく、昼間の絶景を見るなら朝から出るに限る。特に水の張りが少ない時なんかは、朝一よりも午後以降の方が干上がる場所も多くなりがちだから、午後や夜のツアーでは、きれいに鏡張りを見られる確率が下がるようだ。短期旅行者にはつらいっすね。

 

朝からツアーで来ただけあって、前日よりもきれいに張ってた。

xDSC_0799

 

ちなみにドレスは現地で着替えたんだけど、特に着替える場所もないので、車の中で着替えつつ、半分車の外で、なんなら、まぁーパンツ見られてもしゃーない、ぐらいの感じだった。仕方あるまい。笑

xDSC_0840

 

xDSC_0959

 

 

夕景も捨てがたい。

xDSC_1295

 

とりあえずラストチャンスながら、何とか無事に撮影ができて安心した。

 

 

Pocket