BIKINI-chan

Pocket

ここフィリピンでは、
いわゆるゴーゴーバーのことを、ビキニバーと呼んでいます。

ゴーゴーバーとかビキニバーというのは、
簡単に言うと、女の子がビキニを着て踊っているバーです。

よくアメリカの映画とかで、女の子がポールダンスしているバーなんかが出てきますが、
まぁあんな感じをイメージしてもらえると分かりやすいです。

女の子には番号札がついていて、その気になれば、
色んなことをお金で解決できてしまうという、

全くもってふしだらというか、不健全というか、
私の人生には1ミリも関係しないような、汚れた場所でして、

はっきりいって、ビキニバーという名前すら、
私にとっては「はて?流行のアイスですか?」というぐらい意味不明な存在なのです。
もしインターネットがなかったら、その名の意味すら理解できなかったことでしょう。

しかしながら、ここの国では、滞在している日本人やら韓国人やら、
皆が皆申し合わせたように、毎晩そういった場所に足を運んでいるというのです。

まったく、同じ日本人、そしてアジア人として恥ずかしい限りです。
何でもお金で解決できると思ったら大間違いです。
人生にはお金では買えないものが沢山あるのですから。

最近知り合った韓国人に至っては、私が日本語の「さん」と「ちゃん」の違いを教えてあげた途端、
ビキニちゃん、ビキニちゃんと連呼し始めるほどです。
私もそんなことのために言葉を教えたつもりはありませんが、
とりあえずハイタッチしておきました。

そんな矢先、友達がこういったのです。
「今日ビキニバー行くけど、行く?」

絶対に行くわけがありません。
こういうものは、他人に流されることこそが一番の悪なのです。
とりあえず私はタクシーに乗りました。

勘違いしてもらっては困ります。
あくまでこれは実態調査なのであって、個人的な趣味とかそういうものではありません。
お金で何でも買えると思っている同郷の恥さらしを、戒めに行くのです。

タクシーで10分ほどのところに、マンゴーアベニューという歓楽街というか何というか、
ビキニバーが並んでいる通りがあります。

歓楽街といっても、歌舞伎町などとは到底比べようもないぐらいちっぽけな場所で、
高円寺にあるソッチ系の店の並びを、さらに三倍ぐらいショボくしたような所なのですが、
まぁとにかく、ここフィリピン・セブでは最もホットなスポットなのです。

友人に連れられるがままに店に入っていくと、
薄暗い店内にはあっちこっちに女の子が座っており、ステージにも女の子が。

その周りのソファーやら、バーカウンターには、日本人やら韓国人やらが、
ニヤニヤしながらビールを飲んでいるわけです。

しかも、チラッと横を見てみると、見事なビール腹の大柄なアメリカ人が、
ポロシャツを思いっきりまくり上げて、両サイドから2人に乳首を舐められているという、

とんでもなくうらやまs・・いや、とんでもなくけしからん行為を発見してしまいました。

もし私が警察だったならば、公序良俗を乱す行為として即刻現行犯逮捕するところですが、
残念ながら警察ではない私は、もはや目が離せないというか何というか、
とにかく注視していました。

そして私は重大なことに気づいたのです。

フィリピンの女の子は、恐ろしくスタイルが良いにも関わらず、
顔がどうにも好きになれない子が多いことに。

研ナオコに似ている子が時々居ます。

これは非常に残念です。
せっかく今日銀行でお金をおろs・・いや、ええと、何が残念かというと、

まぁその。アレだ。

そんなことより、2つ離れたソファーには、禿げ上がった日本人のオッサンが、
最上級のニヤケ顔で女の子15人ぐらいと乾杯していて、

もう何というか、戒めるとか戒めないとかを通り越して、
むしろ寂しいというか、切ない気持ちというか、

もうそういうのもさらに通り越して、
とにかく目の前の15人のビキニちゃん、というかビキニ軍団から目が離せなかったわけです。

その後友人が店を出ると言うので、舌打ちしてから店を後にしたわけですが、

タクシーで部屋に戻ったあとに気づいたのは、

今日のビキニバーでの3時間程度の飲みと、タクシー代とか、
何やらかんやら込みこみで、結局のところ、日本円で300円しか使っていなかったってこと。

何でもお金で解決できると思ったら大間違い、とか言う人がたまにいますが、
賛同しかねます。

Pocket