ブラインドマン

Pocket

中学生ぐらいの頃はブロンドの欧米人の夢中だったのに、
大人になってからは、逆に欧米の美女というものが苦手になりました。

一般的に美女とされるような女性であっても、どうにもかわいいと思えません。
これはもはや個人の嗜好なので、仕方がありません。
やっぱり中国とか韓国とか台湾なんかの東アジア?系が好みです。

では、ここフィリピンの女性はどうかというと、
それはそれでまた好みから外れるわけです。

同じアジア人であっても、東南アジアになるとまた顔の感じが変わってくるので、
まぁそういう部分で好みが左右されるのでしょう。

というか、簡単に言うとただの面食いなのかもしれませんし、
もしくは、他の人達は「慣れるよ」と言っていたので、
単に見慣れていないだけなのかもしれません。

ですがやっぱり私としては、どうにもかわいいと思える子が少ないし、
何度見ても恐ろしくテンションが上がらないわけでした。

そんな折、ここセブ島でも現在1番勢いのあるビキニバーに、
知人が連れていってくれるというので、行ってみることにしました。

店の名は「ジャガー」。

1番というぐらいですから私もかなり股間・・・いや期待を膨らませて、・・・あ、いや、
私は飽くまでも知人の誘いを断るのが失礼だから、ついていっているだけなのです。

今回は6人で行ったのですが、
店に入るといきなりVIPルームに通されて2回ショーアップがありました。

ショーアップというのは、女の子達がお客の前にずらーっと並んで、
自分の好きな子を選べるシステムのことです。
その間、女の子達は「私を選んでね、うふふ。」みたいなアピールをしてきます。

「よし、じゃあ選びますか!」

とみんな選んでいたわけですが、私はどうにも選べない。

これだけの数の女の子(2回で合計40人ぐらい)を目にしても、
どうしてもかわいいと思えないのです。

仕方なく私と私の知人の2人は選ばずに、タバコでも吸って過ごし、
残りの4人は、皆1対1で女の子をトークを開始することになりました。

私の目の前に居た知人の知り合いの方は、見た目が思いっきりバッファロー吾郎なわけですが、
ちなみにそのバッファロー吾郎氏は、

「Do you like ペロペロ here?」 とか、
私には皆目見当もつかないような意味の言葉を連発されておりました。

結局1時間程度で店を出たのち、バッファロー吾郎氏を含む2人と別れ、
私を含めた残った4人は、ITパークという、日本で言うなら、たぶんヒルズとかミッドタウンのような、
金持ってる奴らがいくような場所に行って、飯(といってもファストフード)を食いに行ったのでした。

場の空気としては、じゃ、飯食ったら解散ねぇ~。という感じだったのですが、

4人のうち、恐らくもっとも真面目に見えるノーティ氏が、
ちゃっかり女の子から電話番号を聞いていたので、

話の流れで、

「ちょっとメール打っときましょうよ。」と皆で煽ったところ、
思いのほか本人もノッてきたため、ここから思わぬ展開に。

「仕事が終わったら、パンプ(クラブの名前)に行こうよ!」

という感じのメールを出したところ、すぐに返信と電話があり、
私たちがいるファストフードの店に20分後に来るとのこと。

煽っておきながらアレですが、実際にやってくるとなると、
結構困ったもんで。

ヤイヤイ言ってるうちが一番楽しいわけで。

そこからリアルに色んな面倒くさいことが始まってしまうと、
一気に萎えてしまうのが男の悲しい性なのです。

しかしながら、こちらも煽った手前、引くわけにもいかず、とにかく待つことに。

もしノーティ氏の相手1人だけで来てくれれば、

「いやー、ノーティくんうらやましいなぁ、お幸せに。お疲れーす。」

とか何とか言って、帰ってグッスリ寝られるわけですが、

神様は全くもってそんなことは考慮するはずもなく、
彼女は友達2人を連れて3人で来たわけです。

繰り返し申し上げますが、かわいいと思えない女の子に対しては、
恐ろしくテンションが上がらないのが、これまた悲しい性であって、
私の不徳といたすところでもあるわけです。

とはいっても、ノーティ氏自体はもはやノリノリで、
会った直後から女の子を手をつなぎ、ラブラブモードに全開で突入しており、
4対3というよりは、もはや1対1と、残りの3対2という展開になっていたのでした。

とりあえず近くのコーヒーショップに移動して、7人でしばらく会話していたのち、
2時間ほどして、

「さて、そろそろどうするよ?」

という時間になったのですが

ノーティ氏に関しては、もうとにかく魂を根こそぎ持っていかれたような、
トロントロンの顔になっており、

ドラクエで言ったら、

このあとホテルに行きますか?

はい
いいえ

で「いいえ」を選択したら、もう一回

このあとホテルに行きますか?

はい
いいえ

と聞かれるような、

もうとにかく、次の行動は実質一択で決まりきっているような状態になっておりました。

こういう場合は、それぞれが1人ずつ女性をお持ち帰りするのがパターンのようなのですが、
現状男4:女3という割合になっていたため、

女性陣が気を遣って、もう一人友達を呼ぶと言い出したのです。

何度も言いますが、かわいいと思えない女の子に対しては、
恐ろしくテンションが(以下省略

ということを重々承知の上、今更引き返すこともできないほど沖に船を出してしまったので、
もう1人の友達を待つことにしました。

彼女達は言いました。

これから来る友達は、背が高くて、ロングヘアーで、セクシーな体つきで、
ベリベリービューティフル だと。

何ということですか。

そういう大事なことは先に言って欲しいものです。
もっと早く言ってくれれば、こちらももっとモチベーションを保てたものを。

そして、ついにやってきました。

背が高くて、

ロングヘアーで、

セクシーな体つきかどうかはいまいち賛同できませんが、

とにかく、

どうみてもゴリラにしか見えない方がいらっしゃいました。

その瞬間から、男性陣は皆そろって、1ミリたりとも目を合わせようとしないのです。
昨日まで平和だったお花畑に、いきなり原爆が落ちてきたような、恐ろしい状況なのです。

しかも、他の女の子達も、

「あれ?好みじゃないの??」

とか、全く空気の読めない発言を連発するもんで、
男性陣も、

「ノーノー ノーノーノー」

とか、もはや肯定してるのか否定してるのかよく分からない「NO」で返すのが精一杯なわけです。

幸い、既に隣の子にロックオンされていた私は、ターゲットにされることもなく命拾いしましたが、
その時点で1人だけ余っていた友人に関しては、それはもう、口の中に銃を突っ込まれているかのような、「もう俺の人生終わった」みたいな顔になっていました。

そして私は学んだのです。

むしろ今となっては、私の隣の子がものすごくかわいく見えるではないですか。
フィリピン人の子もカワイイじゃないですか。

私は盲目だった。
だが今はよく見える。

(ヨハネの福音書第9章)

 

今はよく見える。

でも、とりあえず今日は解散で。

      ハ,,ハ
( ゚ω゚ )  お断りします
/    \
((⊂  )   ノ\つ))
(_⌒ヽ
ヽ ヘ }
ε≡Ξ ノノ `J

Pocket