リーダーシップ

Pocket

アレッピーの宿でたまたま居合わせた日本人、
そしてオーストラリア人(ピーターアーツ似)と共に、バックウォーターツアーに参加。

アレッピーは水郷地帯(バックウォーター)の有名な場所。
大小様々な水路をカヌーボートで進んでいくツアーです。

いくつかの村を抜けていくので、
ここで暮らしている人達の暮らしぶりを見ることができます。

例えば水辺で体を洗っている人、

洗濯をしている人、

それから、その水をダイレクトに口に入れている人、

はっきり言って、最後のは大丈夫なのか激しく疑問なんですが、
まぁそんなことはお構いなしにボートはどんどん進んで行きます。

途中でキングフィッシャー(カワセミ)が飛んでいるのを見つけたら、
その姿に暫し目を奪われ、

そして、再び目を戻すと、

水辺で用を足している子供と、

その水をダイレクトに口に入れている人が居て、

私の疑問はどんどん膨らむばかりなのですが、
そんなことはお構いなしにボートはどんどん進んで行くわけです。

それから途中で、ボート漕ぎのおじちゃんが、

「ココナッツビール飲んでみるか?」

と聞いてきたんですが、

何だか誰も手を挙げない感じで、
皆が皆、「え、どうする?任せるよ?」的なグダグダな流れになり、

そういうのが超面倒くさくなった私は、
「せっかくだから皆で飲んでみよう」と提案して、

1リットルのココナッツビールを皆でシェアすることになりました。

さて、ここで注意していただきたいのは、
ココナッツビールといっても、日本でいう普通の缶ビールや瓶ビールに、

「Coconut Beer」

みたいなラベルが貼ってあって、
冷え冷えのいかにもウマそうなやつが出てきて、

「キンッキンッに冷えてやがるっ!!」

みたいな展開を予想されては困りますよ。

実際には、1リットルのミネラルウォーターの空のペットボトルに、
どこかの家で作ったであろう自家製ココナッツビール。

色はまぁ、ココナッツだから想像できると思いますが、
ストレートにいうと白濁色。

もちろん冷え冷えなんて言葉とは程遠いくらいのぬるぬるです。

ぬるいっていうか、どっちかっていうと、
気温のせいで、ちょっと温かくなってきているぐらいの感じです。

そしてこのココナッツビールがですね、
順当に、言いだしっぺの私の手元にまずやってきたわけですが、

恐る恐る口にしてみると、

なんとまぁ、

予想通り不味いじゃないですか。

一口飲んだ感じではよく分からなかったんですが、
二口飲んでみて分かったのは、若干ゲロっぽいというか、
胃酸のような酸っぱい味がしました。

それでもって、おじさんは「どうだ?美味しいか?」みたいな、
好奇の眼差しを向けてくるので、

「美味しいわけねーだろ」という心の声を完全に消し去ったのちに、
精一杯の笑顔で「うん、美味しいよ、おじさん^^」という、
精一杯の嘘をつくしかないのです。

もう心が痛いです。

そして、他の人ペットボトルをバトンタッチしたんですが、
当然ながら皆同じ反応なのです。

明らかに不味い。
だけど、それは顔には出せない。

そしてとにかく皆が次の人へバトンタッチしたがるペットボトル。

そして1人が「美味しかった。俺はもういいかな。」みたいなことを言い出し、

そしてまた1人が「うん。俺もいいかな。」みたいなことを言い出し、

そして残された俺とピーターアーツは、

ペットボトルに入った残り600mlぐらいの液体と、

先に言ったもん勝ちで逃げていった2人を

恨めしそうに眺めながら、

もはやここでどちらかが「俺もいいかな」とか言ったら、完全な裏切り行為。
そんなよく分からない、連帯責任制度で縛られることになったのです。

何この罰ゲーム。

結局彼がギブアップ気味だったので、
言いだしっぺの私がほとんど飲みました。

「エチケット袋ありますか?」という心の声を完全に消し去ったのちに、
精一杯の笑顔で「美味しかったよ、おじさん^^」という、
精一杯の嘘をまたついてしまいました。

もう心も痛いのはもちろんですが、

そんなことより胃の中がカオスです。

【教訓】
知らない飲み物をオーダーする時は、リーダーシップを取るな。

Pocket