モンキーテンプル

Pocket

自転車借りて、夕陽スポットとして有名なモンキーテンプルまで、
チャリチャリ走っていったら、

1人の女の子が近づいてきて、

「何かちょーだい。ペン、チューインガム、マネー。」

みたいなこと言ってたので、

「ごめんね、持ってないわ~。」って断ったのち、

モンキーテンプルの階段をひたすら上る。

数は数えてないけど、何百段かはあって、
しかも結構きつい傾斜になっているので、かなりしんどいです。

モンキーテンプルというだけあって、当然モンキー満載な感じなんですが、
そういうのも避けつつ、とにかく頂上を目指します。

上りきったら、乱れた呼吸を落ち着かせ、

スッと深呼吸して周りを見渡せば、

いままで自分を支配してきたものを全て開放してくれるような、

無限に続く美しい景色。

夕陽に照らされる岩山の数々。

ここには確かに岩しかない。だけど今はそれだけでいい。

夕陽が沈むのを見届け、久々の満足感を得た私は、
暗くなる前に宿に戻るべく、階段を急ぎ足で下り、

置いていた自転車のロックを外す。

そして気づいたのです。

あ、パンク!

いや、

っていうか、タイヤの栓が外されてるし!

これは明らかに人為的なもの。

テンション落ちるわ~って思いながら、
何とか宿まで戻ったあと、恐る恐る自転車をレンタル屋まで返しに言ったら、

「あー、モンキーテンプル行った?」とスタッフが一言。

「え、行ったけど?」と返すと、

「あそこに居る女の子に皆やられててね、有名なんだよ。」と言う。

あー!あの女の子かー! と気づいて思い返すと、

何もあげなかったから、腹いせにああいうことしたのかなぁと思ったり。

まぁでも不思議なもんで、旅を続けていると、
このぐらいのことは何とも思わなくなっている自分を発見します。

パンクかぁ、ま仕方ないなぁ。みたいに。

そんなことでいちいち腹立ててたら旅できないもんで、必然ですけどね。

あの女の子がそういう事をするのには必ず理由があるわけだし。

それは私がお金をあげなかったからかもしれないし、
あの子の家庭環境の問題なのかもしれないし、
それとももっと複雑な何かがあるのかもしれません。

あの子には自分の生まれる場所、環境、時代を選ぶことはできず、
ただ訳も分からず生を受け、ただただ生きてきたのだと思うのです。

人は誰でもそうだし、私だって、日本という恵まれた環境と、
必要なお金と倫理観を持った親の元に生まれたからこそ、
今こうして偉そうなことを言えるわけで。

私がもし、あの子と入れ替わっていたならば、
同じように自転車の栓を抜き続けていると思うのです。

それはあの子自身では止められないもの。

だから私はそれを責めない。

自転車の栓を抜く少女と、

モンキーテンプルに行きたかった私が、たまたま出会っただけ。

ただ、それだけの事実。

そこに善悪などないと思うのです。

Pocket