ウダイプルソルジャー

Pocket

ウダイプルにさよならを言って、
列車で次の町ブーンディーへ。

列車に乗り込むと、私の席のはずの場所に、
いかついギャングみたいな奴らが陣取っているのです。

なるほど。

この後の展開は多分こうです。

私「あ、すみません。ここ私の席だと思うのですが。」

ギャング(以下G)「あ?」

私「ここ私の席です。あなたのチケットを見せてください。」

G「はぁ?うるせえな。あっち行けよ。」

私「ふふ。言葉で言っても分からないようですね。」

ボキボキッボキボキッ(首と指を鳴らす音)

G「何だとこの野郎!」

ここで殴りかかってきたところを華麗にかわす私。

それから北斗百列拳をお見舞いし、見事に討伐。

するとそこに、勧善懲悪を貫く私の姿に惚れた1人の美女が駆け寄ってくる。

美女「すごい!私をあなたの女にしてください。」

私「ふふふ、俺は正義のために戦わなければならない。だからあなたを危険に巻き込むわけにはいかないんだ。」

美女「ジュンッ(濡)」

何か変に筆が進んでしまって、長々書きましたが、
もっと現実的な展開はたぶんこうです。

私「あ、すみません。ここ私の席だと思うのですが。」

G「あ?」

私「ぁ、ぇぇと、ここ私の席、、、ですかね?」

G「あぁ?」

私「いや、あの、だからその、いや、そうじゃなくて・・」

G「お前の席はあっちだろうが。殴られてぇのか?」

私「いや、その、殴られたくはなくて、その・・」

G「じゃ、500ドル払えよ」

私「いや500ドルは持ってなくて、、あの、、500ルピーなら・・」

G「てめぇ!」

私「ジュンッ(失禁)」

というわけで、後者の展開も私は望んでいないので、
とにかく自分のチケットを再確認してみることにしたのですが、

そうすると、そのギャングの座っている席と、
それからその近くに空いている他の席と、

そのどちらとも取れるような、中途半端な表記がしてありました。

まぁ無用な殺生を好まない私は、
ギャングの座っていない方の、極めて安全と思われる席に着きました。

それからしばらくして、車掌さんがやって来て、

車掌「あ、君はこっちの席だよ。」

と言ってギャングの方を指差すのです。

私「いやその、電車の中で百列拳を出すのはまずいから、私はこの席で・・」

車掌「はい、あっち行って。」

そんなわけでもう私に残された選択肢は、
受身の練習ぐらいしか無いので、

何で高校の柔道の授業の時に、
もっと真剣に受身の練習をしなかったのかと、今さら後悔する私。

もうガクブル状態で席を移動することになったのですが、

話してみると、実はナイスガイのいい奴だった、てゆー。

もちろんギャングじゃなくて、ウダイプルの兵隊で、
(どうりでゴツイと思ったわけです)

今日は休暇で実家に帰るところ、とのこと。

無事に百列拳を出さずに済んだ私は、

訓練中の写真や、彼女の写真を見せてもらったりして、
かなりワイワイ仲良くやって、

最後はブーンディーの駅で見送りまでしてもらって、
ハグして別れて、

もうむちゃくちゃいい奴やん!

ウダイプルはインド共和国成立の時まで、自分の土地を守り抜いた屈強な王国。

こんな最高の戦士達が守っているなら、

これからもウダイプルは安泰だ。

Pocket