Sumibiyaki

Pocket

村をふらふら歩いていると、
「やぁ、どっから来たの?」「日本だよ。」って。

「うち、寄っていきなよ。」

「いや、いいよー。」

「いいから、いいから。」

まぁ、いいか。

家に入ると、4畳ぐらいの部屋が2つあって、

「さぁさぁ、かけて。」

「ありがとう。」

「ウェルカムフード。さぁ食べて。」

「ええ、いいよー。」

「いいから、いいから。」

じゃあ、食うか。笑

「彼女が私の妻。」

「あぁ、どうもこんにちは。妊娠してるの?」

「1ヵ月後に生まれるんだ。」

「そうなんだ、おめでたいねぇ。2人目?」

「そうそう。」

「そうなんだ。仕事は何やってるの?」

「漁師だよ。」

「海の男かぁ。じゃ、この魚も獲ったの?」

「そうだよ。”スミビヤキ”好き?」

「スミビヤキ?」

「そうスミビヤキ。」

「炭火焼?! 何で知ってんの?!」

「前に会った日本人が炭火焼が食べたいって言っててね。笑」

「そっか、そっか。」

「もしよかったら、獲ってきたシーフードで、今度炭火焼ごちそうしてあげるよ。」

まじかぃ。

Pocket