黒砂漠・白砂漠ツアー

Pocket

急遽思い立って、
黒砂漠・白砂漠ツアーへ参加。

アブシンベルもルクソールも行くの止めたんで、
ピラミッド以外にも、何かもうひとつぐらい見てやろうと思ったわけです。

近くの村までバスで行ったあと、
そこから4WDに乗り換えて、砂漠へと向かった私。

一緒になったのは、フィンランド人の女の子2人。

んー、これは何か予感がします。

ドライバーは陽気なエジプト人。
助手席に座ったフィンランド人の女の子1人をジロジロと見て、
たまに、ちょっかい出したりして。

ちょ、おま!

んー、お前も予感しているのだな。

今夜は真剣勝負になりそうです。

でまぁ、予定通り、黒砂漠を見て、白砂漠を見て、

ドライバーは、白砂漠のど真ん中で車を止めるわけです。

砂漠のど真ん中ですから、本当に誰も居ません。

こりゃあもう、私のPCに入っている「全世界制覇予定表.xls」の、
フィンランドのセルは、塗りつぶしておいても良さそうです。

ふふふふふ。

( ゚∀゚)フハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

さておき、

とりあえずキャンプするために、風除けの幕を張ったり、
積荷下ろしたりと、手伝う私。

あとマットレス敷いたり。

( ゚∀゚)フハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

で、今度は夕食の準備。

じゃー、女の子手伝ってー、って感じで、
女の子2人にタマネギの皮むきを手伝わせるドライバー。

汚い!汚いぞ!それは職権乱用だ!

そんな思いで、その状況を眺めていたら(←何か仕事しろ)
無事に女の子達の仕事も終わり、

あとはドライバー1人で調理開始。

ふふふふふ。

悪いな、今日は俺の勝ちだな。

( ゚∀゚)フハハ (以下省略)

とか何とか考えてたら、

ボンッッッ!!!!!

って、デカい音が聞こえたのです。

で、見てみると、

調理場でガスが爆発して、めっちゃ炎が上がってるんですけど。

2メートルぐらい炎上がってるんですけど。

ちょっと前までは、
フィンランドのセルを何色で塗りつぶすかを考えていたのですが、

さすがにこりゃマズいと思って、急いで車に水取りに行ったら、
モタついてるうちに、ドライバーが砂で火を消してました。

ですよねー。

やっぱ、砂で消す方が早いよねー。

俺、使えねー。

で、駆け寄ってみると、ドライバーはもう恐怖でガタガタ震えてるし、

まぁできることと言えば、とにかく火傷した部分に水かけてあげるぐらいで。

大丈夫?とか声かけてても、

内心、ぶっちゃけ大丈夫なわけないですよねー、って思うし。

結局何て声かけていいか分からないまま、

夕食が完全にお通夜状態でした。

これ、何ツアーだったっけ?

Pocket