死海でスイカ割りをやる。2日目

Pocket

今日は死海でスイカ割り!
ってことで、朝早起きしてバス停に向かう。

死海行きのバスが出ているバスターミナルへ、
ひとまずバスに乗る必要があるのですが、そのバス停が見当たらない。

うーん、このあたりにあるはずなのだけど、
歩けど歩けど見つからない。

通り行く人達に何度聞いても、みんな言うことがバラバラ。

最終的に走ってるバスを止めて、これ○○バスターミナルまで行く?
って何度も聞いてたら、やっと見つかって、急いで乗車。

そしたら、次のバス停が終点、っていう。

1分ぐらいしか乗ってない、っていう。

まぁ何かお金損した感がハンパないんですが、
それでも着いたのなら良しとしようと思い、

念のために、死海行きのバスはどれ?って聞いたら、

「ここからは出てないよ。」

っていう。

それでもう、今日は死海行くの止めました。

だって、どっちにしても私達が乗ろうとしていたバスを逃すと、
次のバスが3時間後とか、そんな感じらしいので。

仕方ないので、今日は別のところを観光しよう!

って話になったんですが、

そういえば、スイカ、どうします・・・?

みたいな話になって、一気にスイカが邪魔者扱い。

さっきまでは、「本日の主役」って書かれたタスキを掛けた、
誕生日の浮かれ者みたいな存在だったのですが、一気にお荷物的存在へ。
会社だったらリストラ候補筆頭。

まぁお荷物的存在っていうか、実際、お荷物です。

しかもよく吟味しただけあって、ずっしり重い。

前日に、

「やっぱ重いやつがいいんじゃない?」

とかコメントしてた自分が恨めしい。

で、皆で話し合った結果、

「まぁ一日持ち歩くのもアレなんで、今日どっかで食べましょう!」

ってことになったのですが、

歩けど歩けど、何となく食べる場が見当たらず。

てかですね、普通に考えて、
街中でスイカ割って食べるのって、ちょっとどうかしてる。
常軌を逸してます。

私が傍から見てる立場だったら、

何故にスイカ?

どういうチョイス?

って思う。

持ち歩くなら、バナナとか、オレンジとか、もっと適切な判断あっただろーと。

なので、とてもそんなことはできませんでした。

終いには、博物館にも一緒に連れてきました。

受付の人に

「これ受付に置かせてもらえませんか?」

って、スイカ見せたら、めっちゃ困惑してた。

たぶんこの博物館史上初。

スイカ、私達が出てくるまで、ずっと受付で待ってた。

何か愛着わいてきた。

Pocket