トマト祭りは前夜祭が全てなわけで。

Pocket

ブニョールについたのは、夕方6時。
地図もないので、とりあえずその辺に居る地元民に道を尋ねつつ、
メイン会場っぽいところを目指す。

メイン会場らしき場所に着いたものの、
とりあえず時間が余り過ぎているので、

とりあえずその辺のBARで一杯やる。
 ↓
トミーが持ってきてた太鼓を叩き出す。
(写真の外人はトミーではないけど)
 ↓
周りの外人のテンション上がりだす。
 ↓
太鼓叩きまくる。
 ↓
テンション最高潮。
 ↓
スタンディングオベーション。

みたいな感じでとにかく盛り上がった。

その時間帯、間違いなく、この場所が一番盛り上がっていた。
この日本人6人を軸に。

レペゼン日本。万歳。

それから、

ワイン飲んだり、

ワイン飲んだり、

ワイン飲んだりして、

疲れたんで、屋台エリアに行ってみた。

トマト祭りの前夜祭では、屋台が沢山出ているので、
食べたり飲んだりはもちろん、射的のような娯楽まであったりする。

さらには、移動遊園地なるものが出店していて、
遊園地にあるような乗り物に乗ることもできる。

そこで、案の定「よし、これに乗ろうぜ!」という、
誰かの発言によって、罰ゲーム的な苦痛を味わうことになったのだった。

想像して欲しいんですが、とりあえず、ここまでの段階で6時間ぐらい、
飲んで飲んで飲んで、騒いで騒いで騒いでる。

ドラクエのHPでいったら真っ赤になってる。

その状態で、遠心力系の高速グルグルマシン(上下運動込み)に乗るわけです。

もう、次に出てくるのは、きっとゲロしかない。
というか、ゲロを召還するために、乗っているとしか思えない。

待望のゲロ。

いよいよリリース!

・・・のギリギリのところで、せき止めてやったけど。
土俵際ぎりぎりで、うっちゃってやった。

あぶねー、あぶねー。

とりあえず、何とかその辺は勢いで乗り切りつつ、
時計を見ると夜0時。

そういや、太鼓叩いて盛り上がってた時に、

「0時に広場でパーティーがあるから、お前ら絶対戻って来いよ。」

って、どっかの外人に言われてたんだった。
それで広場に戻ってみた。

広場は活気づいていた。

バンドのライヴ演奏で始まっていたので、
早速みんなで踊りまくり。

こちらも太鼓叩くと、また人が寄って来て、盛り上がり。

みたいな繰り返しで、何だかんだで朝になっちゃいました。

朝、広場で野宿しようとしたけど、ガチ寒くて寝れる気がしなかった。。

まぁそんなわけで、いよいよトマティーナ当日を迎えるわけで。



本日のかわい子ちゃん。

本日のイケメン君。

Pocket