Let’s get the party started.

Pocket

イビサ行きの船を見送りに来てくれたトミー、かっちゃん、ユウちゃん。

そこで嬉しいニュース。

かっちゃんとユウちゃんが、

「やっぱり俺たちも行くことにしました!」

と言い出した。

トミーに関しては、
既にオーストリアでオーケストラコンサートを予約までしちゃってるから、
無理だけど、それでも5人になったのは嬉しい。

当初は3人で行く予定だったけど、それが5人に増えた!
クラブはやっぱ人数多い方が絶対楽しいからね。

「イビサは1人で行くのもいいよ。」って言ってる人もいたけど、
私は絶対人数多い方がいいと思う。

自分がDJやってたから、クラブは本当何度も何度も通ったけど、
人数多いに越したことはない、まじで。
楽しさ全然違うしね。

クラブって、もちろん音を聴きに行くとか、踊りに行くって理由もあるんだけど、
私の中では、友達に会いに行くとか、友達と騒ぎに行く、って場所だと思ってる。

いくら好きな音楽、好きなDJでも、1人じゃちょっと寂しいし。

まぁそんなわけで、5人揃った今、さらなる盛り上がりが確定したわけで。

イビサ島に着いたのは夜9時。
サンアントニの港から、宿まで歩き、荷物を置いて、飯を食った。

宿に戻って、Wi-Fiチェックしてみると、トミーからメールが来ていた。

驚いた。

メールに書いてあったのは、

「俺行きます。」の文字。

だって、オーストリアでのコンサートのチケットと、
オーストリア行きの航空チケットを破棄した上に、
イビサ行きのチケット買って、
結局そのあと、オーストリア行きのチケット買いなおすハメになるんだからね。

正直トミーが来るのを期待していたけど、
現実的に考えたら、まぁ無いだろーなーって思ってた。

でも彼は来ることを選択した。

それほどまでに、この6人のメンツは魅力的なんだ。
この6人でイビサだったら、間違いなく楽しい。

鉄板すぎる。

徹底的に楽しんでやろうじゃないの。

本当のパーティーはこれからだ。

Pocket