イタリアの宝 チンクエテッレ

Pocket

イタリアには行きたい場所があったんです。
どこかって聞かれたら、それはポジターノ。

ポジターノってどこかって聞かれたら、
ざっくり言うと、アマルフィ。

そう、あの織田裕二の映画で舞台になった「アマルフィ」。

いや、あの映画が作られる前から行きたかったんですよ、ポジターノ。
でもね、あの映画の効果もあってか、

行った旅人からは、「日本人で溢れてた」って情報を得まして。
何故だか、一気に行く気が萎えまして。

というかそもそも、フィレンツェからだと遠すぎるんですがね。

それで、もうすっかり諦めちゃってたんですが、
地球の歩き方を見てたら、何だか私の目に留まる街があるじゃないですか。

それはちょっとポジターノにも似た、海岸沿いの町、チンクエテッレ。

直訳すると、5つの(チンクエ)村(テッレ)、っていう、
ものすごく、ざっくりした名前なんですが、

そんなことはさておき、ここは期待通りの、ロケーションが最高の町。
町っていうか、まぁ一応、村。

ジェノバに程近いこの場所には、海岸沿いに5つの漁村が並んでいて、
それらの総称がチンクエテッレなんです。

こんな場所が、実はフィレンツェから日帰りで行ける、っていう、
マル得情報をゲットしちゃったからには、もう行くしかない。

それでまぁ片道3時間半かけて、最初の村リオマッジョーレに到着。
もう、いきなりイイ感じ。

そもそも、ロケーションがズルい。
海沿いって、何かフォトジェニックな(画になる)場所が多いよね。

そんなわけで、いきなり1つ目の村から、
思いっきり、レェーイバァーック(by西海岸)しちゃったわけですが、

ここから実は5つ目の村まで、歩いて進むことができるルートがあるんです。
それでも、こりゃあ行くしかないってことで、

まず2つ目の村まで歩いてみたらですね、

「ここから先の道は、本日は終了しました。」

って書いてあったし。

仕方ないんで、あとは電車で行きましたけどね。

途中で雨にも降られましたけどね。

まぁそれでも、チンクエテッレ最高です。

おすすめ。


こんな感じで、おばちゃんの日向ぼっこ大会してたり。

こんな感じで、老夫婦がチルアウトしてたり。

こんな感じで、子供たちがすくすくと育ってたり。

人生に一度はおいでませ。

Pocket