東欧バンザイ

Pocket

正直、ヨーロッパに入ってから、
街で見かける女の子がどうにも好みじゃなかったんです。

いや、ギリシャ、イタリアぐらいまではまだ良かったんだけど、
それ以降の西ヨーロッパって結構ナシだったんですよね。

もちろん私の主観であり好みなんで、異論はナシで。

ですが、ドイツから隣国ポーランドに入っただけで、
女性の顔が明らかに変わった。

東欧のエッセンスを感じるようになりました。

写真のお姉さんに、「写真撮らせて」って言ったら、

「いいけど・・ でも何で?」

って、恥ずかしそうに言われたんで、

そりゃアンタがめんこいからに決まっとるだがや!

という、完全に何かが間違った方言で日本語をぶつけてやったら、

一瞥のあと、

「はい、次の方~。」

ってスルーされた私です。
本日も頑張ってまいりたいと思います。

世界の中でも美女大国と呼ばれるのは、たいてい東欧か南米。
東欧でいえば、ウクライナとかルーマニアとか。

ロシアに近づくと美女率がアップするっぽいです。

ウクライナとかは、ガチで美人ばっかりらしいので、
もうそれこそ私の出番っていうかですね、

もう1日に何十通も来る風俗レポート依頼に対して、
ようやく役目を果たすことができる日が来たか! みたいなね。

そんな晴れ晴れとした気持ちだったんですがね、

如何せんスケジュール的に無理があるっていうね。

この期に及んで何を訳の分からないことを言っているのかと、
もういくらシバキ倒されても、全く反論はできないわけですが、

謹んでお断り申し上げます。

20歳のキャバ嬢から教わった言葉を使わせてもらうと、

「乙にゃん」な私です。

毎度ありがとうございます。

Pocket