そしてカメラマンデビューへ

Pocket

結婚式まであと数日だっていうのに、
わざわざ私のために、1日ブダペストを案内してくれるとか。

彼の名はアブデル。
ほんとスゲーいい奴で、常識があって、それでいてめっちゃ楽しい奴。

つーか、何か微妙に気になってたんで確認してみたんだけど、

「結婚式に写真撮りに来たら?」

っていう誘いは、イコール

「結婚式のカメラマンやってよ。」

っていう意味だったわけで。

お前、そういう重要なことはちゃんと説明しろ(笑)。

しかも、カメラマンは私1人だけ、っていうオマケつき。

つーか、素人ですけど、何か?

OMGすぎる。

でも何かそいつと話してたら、

もう何か、驚くとかを超えて、笑ってしまいましたよ。

ま、いっか。 ってね。

人生なるようになるし、なるようにしかならんでしょ。
ってことで、ブダペスト観光スタート。

最初は、彼が今やってる写真展を覗きにいって、
そのあと、ベタに市内を観光。

途中、お茶したり、飯食ったりしながら、ブラブラし、

夜になったら夜になったで、
現地人しかしらない、隠れ家的なバーをハシゴ。

これが超かっこいいトコたくさん!

それからクラブに行って踊って、飲んで、
帰ったのが夜中の3時。

こんなずっと遊んでたの、久しぶりだったかも。
マジ、ありがとうしか言えない。


ハシゴしたBAR。

全部、かっこよかった!

しかも、普通に歩いてても気づかないような場所にあったんで、
案内してもらわなかったら、来れなかったと思う。

Pocket