エッサウィラ、そして世界は面白い奴らで溢れている。

Pocket

宿のオーナー曰く、モロッコの見どころは、
1にマラケシュ、2に砂漠、3にシャウエンらしい。

で、4番目におすすめするなら、エッサウィラなんだって。

マラケシュから日帰りで行けるエッサウィラっていう街があって、
海沿いで涼しく、観光客にもなかなか人気の場所らしいのです。

4番目ってのがどうにも微妙だったんですが、
ま、ずっとマラケシュに居てもやる事マンネリ化するもんで、

ここはひとつ、違うところに行ってみよう!
ってことで、南米から来た旅人カノ君と一緒に行ってみました。

マラケシュからは確か片道3時間半ぐらいかかったと思うんですが、
ここは行って良かった!

モロッコって、服だったり、壁だったり、雑貨だったり、
街中にあるものの色使いがすごく独特で、かわいくて、お洒落。

この街はその象徴みたいな場所。
街歩きしてると、写真撮りたくなる風景が、すげー沢山あるんです。

海沿いなんで、漁師達が居て、魚市場にいけば新鮮な魚が沢山売ってる。
日本にあるような魚もあれば、見たことないやつもいて、いろいろ。

3時間ぐらい街をブラブラしたあと、
休憩を、と思って、カフェを探していると、モロッコ人の2人組が、

「おい、お前ら、この店来いよー!」

って客引きしてきた。

いつものように、一度笑って断ったんだけど、

ん・・・でもまぁ、
どの店入っても一緒だからいいかって思い直して、

そいつらの店に入ってみることに。

で、話してみたら、そいつらはその店の従業員ではなくて、
単に店の知り合いだったわけ。

実は彼らはマラケシュに住んでて、
私たちと同じようにエッサウィラに遊びに来たらしく、

英語だったり、スペイン語だったり、たまにアラビア語だったり、
何やらかんやら盛り上がり、

「お前ら何時のバスで帰るの?」

「5時のバスで帰るなら、一緒に行こうぜ。」

ってことで、
結局帰りのバスも一緒になったのでした。

で、その帰りのバス。

私たちが乗るころには、もう9割ぐらい席は埋まってて、
辛うじて空いてた後ろから2番目の2人席に腰かけた。

それから遅れて、モロッコ人の2人組がやってきて、
一番後ろの席に座った。

そしたら、この後ろの席から大体4列ぐらいが、
たまたまなんだけど、若いモロッコ人で固まってて、
何の挨拶もしてないのに、やたらと意気投合しちゃいまして。

バスが出発したら、すぐに1人が歌を歌い出し、
それにみんなが乗っかって、大合唱。

誰かがバスの壁をドラムにして、リズムを作り、
誰かが即興でコール&レスポンスやったり、
誰かが雄叫びを上げて煽ったり、

とりあえずこの場が楽しければOK!

みたいな、むちゃくちゃ自由でポジティブな空間になってた。

あんなに楽しいバス移動は、正直生まれて初めてかも。

なぜかX-JAPANの歌を歌いだすイケメンがいたり、

「フェズ来るんだったら、俺の家泊まりに来いよ~。」
って言ってくれる奴がいたり、

まぁ本当に、どの国に行っても、
世界は面白い奴といい奴で溢れてるな~。 と思うわけで。

Peace out.


エッサウィラの町はこんな感じ。

漁師がたそがれてたり。

女の子がたそがれてたり。

店先でおじいちゃんがたそがれてたり。

ねずみ男がいたり。

こんな路地があったり。

いーろいろ。

Pocket