ノリコ邸「Wilderness Lodge」

Pocket

モロッコの日本人宿といえば、ココ。
メルズーカの「Wilderness Lodge」

通称ノリコ邸。

日本人のノリコさんがやっている宿。

ちなみに、ここメルズーカにはもう1人ノリコさんが居て、
その人は別のお店をやってますです。

さて、メルズーカはどういう町なのかといえば、
もう、町っていうか村。

で、目の前がサハラ砂漠。

そう、ここメルズーカは、サハラ砂漠直前の村。

ここからだったら、徒歩でもサハラ砂漠に行けるし、
まぁもちろんラクダで行くことももちろん可能。

モロッコの一番の目的は、やっぱりサハラ砂漠です。
エジプトでも砂漠は行ったけど、サハラも見ておきたい!

ちなみにサハラ砂漠の「サハラ」って砂漠って意味らしくて、
日本語にすると、砂漠砂漠 みたいになって、だいぶトンチンカン。

トンチンカン具合で言うと、ロサンゼルスをロスって言ってるのに近い。

LOS ANGELES のLOSって英語で言うと「THE」。
ザって何だよ、ザって。冠詞じゃん。

みたいな感じ。

そんなこと誰も気にしないから、どうでもいいけど。

たまに最近の日本語は間違ってるとかどうとか、アレコレ言う人いるけど、
言葉なんて、使いやすいように使われて、変化していくものだと思うんで、

仮に意味や使い方が、当初の意図とズレてても、
別に、伝わってればOKなんじゃないかと。

こんな情報社会じゃなおさら、
使いやすいようにしか、使われず、

ややこしいものは、
無視されたり、淘汰されていくのが世の常というもので。


ノリコ邸では、朝食にベルベルオムレツを作ってくれます。

灼熱の砂漠で、温泉卵ならぬ、砂漠卵に挑戦。

気温60度近いここなら可能とか思ったんですが、失敗。

Pocket