スペインが誇る世界最高のギタリストPACO

Pocket

宿で出会ったフラメンコギタリストが、
神様のように崇拝してやまない天才ギタリスト。

それは、パコデルシア。

フラメンコのメッカ、グラナダにあっても、
地元のバルに来るギタリスト達が、世界一と称してやまない、

生ける伝説。

ファンク界でいえばジェームスブラウン、
ジャズ界でいえば、マイルスデイビス、
ポップ界でいえば、マイケルジャクソン。

そんな、生きてる内に見とけ! 的な、
業界のパイオニアでありスーパースター。

ギターの業界の中でも、フラメンコギターというのは、
最も難しいとされるジャンルのひとつらしく、

その中でも最も素晴らしいとされるアーティストが、パコデルシア。

技術面に加えて、そのオリジナリティで、
スペインのフラメンコギターを牽引し、世界に発信し続けた最重要人物。

そんな、ものすごいアーティストのライヴが、
近々あるという情報を得た私は、一瞬迷ったものの、決断。

やったこともないスペインでの現金振り込みにも挑戦し、
チケットをゲットして、やってきたのは、ここヘレス。

ここがヘ”ル”スだったら、もう馴染みの土地っていうか、

「あ、どうもまた来ました~。」っていうか、

「今日はフリーで。」、みたいな感じなんですが、

ま、そうじゃなくて、ここはヘレス。ヘレスデラフロンテーラ。

有名なシェリー酒の産地。
ヘレスの英語名はシェリーらしいです。

そんなわけで、ライヴの方なんですが、
場所がまた良くて、闘牛場。

洒落てるでしょ?

闘牛場でフラメンコ。

もうパコデルシアのギターもすごいんですが、

競演してた歌い手、踊り手共に、
これまた超一流のアーティストが来ておりまして、

素人の私には、ちょっと豪華すぎた。

いきなり頂点、見ちゃった感じで、申し訳ないながらも、

クソ楽しませてもらいました。

まじでカッケー。

けど、これどうやって伝えたらいいんでしょうね。



参考までにライヴ映像を(今回のじゃないけど)。向かって一番左がパコ。

Pocket