忘れてはならないもの

Pocket

地球の裏側でニュースを聞いた。

ブラジル人が、私に声をかけてきて、
地震や津波の話をしてくる。

人生は本当に何が起こるか分からない。

ブラジルで出会った仲間にこんな言葉を聞いた。

「今しか確かなものはない。」

将来のことなんて、誰にも分からない。

一見安定しているように見えることでも、そんなものはあくまで推測であって、
本当は一瞬で消え去ってしまうものだと、再認識させられた。

人は何かを失った時に、初めてその大切さを痛感する。

目の前の日常に押されて、いつの間にか見失ってしまった、
最も基本的で、最も大切なものを。

今回のような大規模な災害が起こった時に、
当然のように必要とされるのは、人と人との助け合いなのだけど、

最も認識しなければならないのは、私たちがこの災害が立ち直って、
これまでと変わらない日常に戻った時、

私たちはきっと、直前まで持っていたはずの、
優しさや思いやりや我慢強さをまた忘れてしまう。

物資や金銭の提供ももちろん必要なのだけど、
それ以上に必要なのはまず、私たちの心の中にある純粋な思い。

それが本当は世界を繋ぎ、保っているのだから。

Pocket