世界で一番”熱い”夏、

Pocket

例えば夢から覚めて、
現実世界の自分が起き上がる時、
夢の最後にやりたいことは何だろう。

この旅の最終目的地ともいえる、ブラジル、サルバドール。

旅の流れ者たちが集まって、ひとつのチームを作る。
寄せ集めのようでいて、他のどこにも負けない絆を誇る。

毎日、地下室で汗を流して、ひたすら練習をこなし、
同じ釜の飯を食い、乾杯して笑い合い、

時に結束し、

時に崩れ、

時に涙し、

そして最後は大声で笑う。

カーニバルは終わった。

それはまるで夢のように。私の手元からふっと消えていった。

さっき開けたばかりSKOL(ビール)を一気に飲み干して、
空っぽにしてしまった時ように。

缶を持ち上げても、もう何も入っていない。

世の中には、言葉で表現しきれないものがある。
生で体験した人にしか理解できないものがある。

いくら写真を載せても、動画を見せても、私には伝えることができない。

人生の中で最も熱い日。
そして、それが夢のように消えていった日。

まるで私の手元には何も残っていないようにも思えるのに、
ここで出会った仲間たちの笑顔だけは、ずっと頭から離れない。

ここに来て、本当に良かった。

ここで出会えたみんな、本当にありがとう。

またいつかここに戻ってくるよ。

Pocket