天空都市マチュピチュ

Pocket

ってことで、南米観光のド定番マチュピチュへ。
世界遺産ってものにはさほど興味のない私でも、
ここぐらい行っておかないと、ね。

マチュピチュに行くには、まずはクスコって町に行かねばならぬ。

で、クスコから、出発日が決まったら、そのクスコから出発して、
列車(予約した方が良い)に乗り、マチュピチュ村に行く。

―ってのがまぁ一般的な方法なんですが、
バックパッカー達にとっての定番は、クスコから出発して、
コレクティーボ(乗り合いタクシー)に乗って、マチュピチュ村に近い場所まで行き、
そこから3時間ぐらいかけて、線路の上を歩いて、マチュピチュ村まで行くって方法。

もともとは、交通費を安くあげたいっていうバックパッカー魂から生まれたんだろうけど、
実際には、なんか遠足みたいで楽しい方法。これが結構おすすめ。

ただ、実際は私の場合、朝出るのがちょっと遅れたせいで、歩き始めるのが遅れ、
辺りが暗くなり、目の前が見えないせいで、歩くのが大変になり、

線路の上歩いてても、後ろから列車が来ると焦るし、
途中で、大きな橋があって、

「ここ渡ってる時に列車来たら死ぬんじゃね?」

みたいに、スタンドバイミーばりの展開が予想できるだけど、
目をこらしてみると、隣に歩道があった。おかげで助かったんだけど、

橋の途中で、案の定、列車が来たし。

歩道に気づかなかったら、リアルに死んでたくさい。

結局、マチュピチュ村まで5時間もかかって、
「こんな道、二度と歩くかボケー!」って思ったけど、それもいい思い出です。

ちなみに、帰りはしっかり列車で帰ってやりました。

ま、そんなわけでマチュピチュ村についたら、そこからいよいよマチュピチュへ。

なんだけど、まぁマチュピチュ村は温泉もあるし、ゆっくりできるところなんで、
しばらく泊まってみるのも良いと思われます。

クスコを出て、歩いたり、列車乗ったり、マチュピチュ村でリラックスしたり、
マチュピチュで朝陽みたり、ワイナピチュに登って疲れたり、

まぁ、そんな全部をひっくるめて楽しいところ。


霧がかかって神秘的なマチュピチュ

そして定番のこの風景。

Pocket