Big love to NYC

Pocket

NYにやってきたんだぜ。

DJ時代に、本場が見たくてやってきたNY。

その当時は海外が恐ろしい場所だと勘違いしてて、

ちょっと路地に入ると、もう俺は殺されるとか、
黒人が後ろにいただけで、絶対に尾行されてるとか、

だいぶ失礼な考え方でした。

英語も今よりはるかに拙かったし、
気持ち的にも余裕が全然なかったのをよく覚えてます。

それでも、靴下に20ドル札を入れて、
夜道をダッシュして、クラブに通ったり、

クラブに入ってみたらみたで、客が全員黒人で、焦ったりとか。

ガンジャの匂いたっぷりのセントラルパークで、
アツいライヴを見たりとか。

そんな思い出たっぷりのNYに再訪する日がついに来るとはね。

正直、旅の途中から、NYに行きたくって行きたくって仕方がなかった。
早くその日が来ないかなと、指折り数えてましたからね。

待望のNY。

久々に降り立ってみての感想は、やっぱNYかっけー。

超かっけー。

世界中のどこにもない、この街の雰囲気。

色、音、そして人種の交じり合った感じ。

たまらなく、かっこいい。

そして、若かりし頃のほろ苦いNYとはうってかわって、
今の私の目には、楽しさしか映らない。

もはや、英語に対する抵抗感なんてゼロ。

フレンドリーな人、アメリカらしいファーストフード、
どこに行ってもやってるストリートパフォーマンス、
そして、観光する場所なんて、いくらでもある。

どう考えても、1ヶ月は必要だなー。

無理だけど。

Pocket