流れ着いた先は鬼ヶ島だった。 その弐

最初から読みたい人は、こちらを。

関連記事

イタリアの港町バーリの宿での話。 バーリの宿にチェックインして、案内された部屋は、男女混合8人ドミトリー。 私が部屋に入った時、少し離れた位置のベッドにおばちゃんが寝ていた。髪は白髪で、年齢はたぶん50歳ぐらいだと思う。 […]

 

翌朝、起きると、おばちゃんが立ってこっちを見てました。

笑顔で「おはよう」と話しかけられた後、こちらに向かってきて

私のベッドの目の前まで来ると、ベッドを指差して言うんです。

「ここ、座っていい?」

 

これがもし金髪のカワイ子ちゃんなら、勢い余って「YES, SIR!」と返事するところなんだけど、私の目の前には、そんなファンタジーなど存在しない。この世にファンタジーなど存在しないのだ。

 

いま悟った。

 

いま私の目の前にあるのは、隣に座って私の肩をさすりながら、ニヤニヤしているこのおばちゃんが、

 

実はワキガだった。

 

という、新しい事実。そういえば、ここ最近鼻づまりだったこともあって、離れて話していた時は気づかなかったんだけど、隣に座られて、初めて気づいた。強烈な匂い。

 

おばちゃんはこう言った。

「私は今日このホステルを出ないといけないの。1泊しか予約してなかったから。」

そういえば今朝おばちゃんとホステルのオーナーが、口論しているような声が聞こえていた。おばちゃんは飛び込みでこのホステルに泊まったから、1泊しか予約をしておらず、今日以降のベッドは他の客で埋まっているから泊まれない。そう、オーナーから諭されていた。

そうなんだ、と思い周りを見渡してみたものの、ベッドの空きはいくらでもありそうだった。念のため、隣の部屋のベッドも覗いてみたものの、こちらも同様。どうやら、遠回りな言い方をされているだけで、本当は匂いのせいで、他の客から苦情が出て、追い出される形になったらしい。

 

おばちゃんは、私の肩をさすりながらこう言った。

「あなたにまた会いたい。」

 

 

私は完全に無の境地を会得した気がする。

 

 

あと、去り際に投げキスされたけど、まるで古武術の使い手かのように、軽やかにかわした。

毎日が命のやり取り。

 

おばちゃんが宿から去った後、2時間ぐらいの間をおいて私は外に出かけた。今日はアルベロベッロという町に行く予定なのだ。

おばちゃんの呪縛から解き放たれた私は、足取りも軽やかに、駅前のインフォメーションセンターに向かった。

 

インフォメーションセンターに一歩足を踏み入れた瞬間、何か、嗅いだことのある匂いがした。

 

1秒経って、顔を上げ、

 

2秒経って、おばちゃんの背中を目視し、

 

3秒経って、インフォメーションセンターを出た。

 

毎秒が命のやり取り。私に休息など存在しない。

 

とても恐ろしくなったので、とりあえず飯でも食おうと思い、その辺にあった軽食屋に入って食事を済ませ、何の用もないので駅前で1時間ほど時間をつぶした後、さすがにもう居ないだろうと確信して、移動を開始した。

念には念を入れて、インフォメーションセンターはやめ、私は直接駅に向かった。

一番奥のホームまで行って、切符売り場までもうすぐという位置、

 

目の前におばちゃんが居た。

 

コピーロボットとか、使ってます?

 

おばちゃんは私を見つけるなり、

「また会ったね!」。

 

逆の意味で「YES, SIR!」と言いたいぐらいですよ、教官。

 

嘘でしょ?と自分でも信じられなかったけど、何度見ても、そこに居るのはあのおばちゃん。しかもおばちゃんの顔をよく見ると、目ヤニの量がハンパない。あと、鼻毛の量もハンパない。

おばちゃんの体調は、本当に大丈夫なのか?

 

鼻毛なんてもう、「あ、鼻毛出てるよ、あはははは。」みたいに、軽々しく忠告できる代物じゃないからね。1本とか2本とか、そんな生温いもんじゃなくて、数十本単位で出てる。しかも出てるだけじゃなくて、それらが絡み合って、一丸となって、何かを作りあげようとしてる。

 

今年の学園祭、絶対盛り上げようぜ!

 

そんな意気込みすら感じる。

 

形としては、ドリルみたいな形になってた。いや、もっとたぶん創造的なもの。サグラダファミリアの、あの尖った部分。

そういうのが、両方の穴から1本づつ、下に向かった突き出してた。

 

鼻毛だけ、鬼の角みたいになってた。

ここは、鬼ヶ島なの?

とうとう鬼に殺されるの?

 

駅のホームで、そのおばちゃんはもう1人と一緒だった。一緒にいたのは、イタリア人の若くてかわいい女の子。

その子は、イタリアでは珍しく英語が喋れる子だったので、これは不幸中の幸いだと思い、質問してみた。

「ねぇ、アルベロベッロの行き方知ってる?」

 

「知ってるよ!」

 

「あ、そうそう、この人も今から行くんだよ!」

 

といって、指さした先にいた鬼、じゃなくて、おばちゃん。

 

 

おばちゃんは満面の笑みで振り返り、

「あらそうなの?一緒に行きましょ!」

 

 

 

「いや、     」

 

 

 

「明日行くんです。」

 

 

 

日記:

今日はアルベロベッロに行きたかったのに、なぜか鬼ヶ島に流れついてしまいました。

鬼に見つかってしまい、HPがなくなったので、宿屋に帰りました。

僕もがんばりましたが、まったく勝てませんでした。

鬼はすごいと思いました。

アルベロベッロ諦めて、次の町に行こうと思います。

 

世界一周の最新記事8件