最高の映画10選 オールタイムベスト!

  • 2012年11月3日
  • 2019年11月3日
  • 雑記
  • 13view

特に何の脈絡もなく、

自分が本当に好きな映画ベスト10ってどれだろうと考える機会があったので、
それをそのまんま発表したいと思います。順不同。

セブン

これぞ至高のサスペンス。

デビッド・フィンチャー大先生の指揮による、パーフェクトな1本。
正直、これを観てから、映画の観方が変わってしまった。

今のところ、これを超えるサスペンスはないと思ってます。100点。

アイズワイドシャット

スタンリー・キューブリック監督の遺作。

気分が悪くなるぐらいの緊迫感と、完璧に作りこまれた世界観が秀逸。

たぶん一般受けはしない作品だと思うけど、個人的には相当評価高い。

SAW(ソウ)

とにかくこれを初めてみた時の衝撃が忘れられない。

悪寒がした。

サスペンスにありがちな「ラストが大どんでん返しだったらOK」みたいなものではなく、
効果音や照明の当て方ひとつとっても、きちんと計算された素晴らしい作品だと思う。

ちなみに、2以降は全然クソなので観なくていい。

ホリデイ

ラブストーリーにありそうでない、素直にニヤニヤできて、

終わったあとハッピーになれる映画。

キャメロン・ディアスの笑顔のかわいさと、ジャック・ブラックの楽しさに心が満たされる。

ビフォアサンセット

個人的には史上最高の恋愛映画。

前作「ビフォアサンライズ」の9年後の2人を描いた本作は、
前作をリアルタイムで観ていないと感情移入できない気がしないでもない。

内容としても、とにかく2人が散歩して喋ってるだけ、
という、結構淡々とした、見る人が見ると、はぁ?な映画である。

ビターチョコレートみたいな味がする。

★ショーシャンクの空に

とにかく映画のランキングとかには、かならず1位とか2位とかに入るような、

超がつくほどの名作だけど、こればっかりは何度観ても評価が変わらない。すごい。

これほどまでに、晴れやかな気持ちになれる映画ってあるだろうか。

ミリオンダラーベイビー

クリント・イーストウッド作品。
てか、ここまでで、モーガン・フリーマン3回登場w 名脇役すぎるやろ。

ヒラリースワンクの名演技もさることながら、作品のテイストが好き。

地味で暗めのセットとか、セリフの間とか、静寂を感じ取れるような雰囲気がたまらない。

ストーリーも素晴らしいね。

風の谷のナウシカ

ジブリアニメだって、立派な映画でしょう?

正直なところ、子供の頃からひたすらに、誰よりもラピュタを推してきた私ですが、
旅中にジブリアニメを改めて総ざらいしてみたら、もう、ナウシカ一択ですわ。

すごい。もうとにかくすごい。完全に大人が観るアニメだよね、これ。

とにかく深い。じわじわくる。

スカーフェイス

男汁全開の、成り上がり系マフィア映画。
アル・パチーノ作品の中でも、トップ3には入るんじゃないだろうか。

とにかく男なら一度は観とけ!

セントオブウーマン 夢の香り

アル・パチーノ2連発で申し訳ないんだが。外せない。

アル・パチーノの演技力で90%ぐらいが構成されている映画ですがw
例外なく引きずり込まれます。

圧倒的な存在感。 切なさと力強さの両立。 フーアー!最強説。

以上、

正直10本なんかで収まるはずがないが、無理やりまとめるとこんな感じ。

雑記の最新記事8件