嫁がカメラを欲しいというので本気で選んだ結果

Pocket

わが嫁のスペック

・写真はわりと好き。
・といってもスマホで撮った写真をSNSにアップする程度
・本格的なカメラの経験はほとんどなし
・過去にオリンパスのミラーレス一眼を持っていたが旅行で一回使った程度
・そのあと売却
・その金はたぶん洋服代に消えた
・要するにほぼ初心者

 

こんな初心者のために私が悩みに悩みぬいた結果がこちらです。

x100t-image

富士フイルムの「X100T」。

 

では、なぜこれを選んだか?

 

今回は自分の嫁さんのために選んだものの、

カメラに興味はあるけど結局のところどれを買っていいのか分からない。相場も分からないし、いくらかけるのが妥当かも分からない。

―という方であれば、選び方の参考にはなるかと思います。

 

絶対必須条件はカメラを持ち運びたいと思えるかどうか

m_5tktllqhx8u-mario-calvo

最初の段階で写真に興味があろうが無かろうが、ともかくカメラを持って出かけないことには写真は撮れません。写真を撮らないことには、カメラの良さは実感できません。

つまり、持ち運びたいと思えない時点で、そのカメラを選ぶ価値が無いのです。

この「持ち運びたいと思えるかどうか」という点をもう少し掘り下げて説明すると、そこには大きく分けて3つの条件が存在します。

 

①写りに感動があるか

何だかんだで、カメラで写真撮って、「おー!これめっちゃいい写真!」って思えないと意味ない。高いお金だして、重いカメラ運んで、撮れた写真がスマホの写真と変わらないんじゃ悲しい。

撮ってて楽しいかどうかの一番の原動力は、写真に感動できるかどうかです。

スマホには撮れない写真が撮れるかどうか。

良い写真が撮れるからこそ、多少面倒でもカメラを持ち出そうという気になるのです。

 

②大きさと重さが許容できるか

m_wvis27et7tu-daniel-cheung

カメラの大きさと重さ、特に大きさが我慢できるかどうかが非常に重要です。例えばいつも使っているバッグにそのカメラを入れるスペースがあるかどうか。そもそもカメラが大きすぎたり重すぎたりすれば、それだけで持っていくのが億劫になります。

これは、実際にカメラを買ったら本当に実感しますが、ことあるごとに持っていくのをためらいます。「まぁ今日はいいか」となります。しかしそれでは、何のためにカメラを買ったのか分かりません。

特に初心者の方、まだカメラの素晴らしさを実感していない人にとっての、大きさ・重さという点は最も重要なポイントになります。人それぞれ許容できる大きさや重さは異なりますので、店頭で実際に持ち比べてみるのが良いと思います。

 

③見た目が好きか

m_ltok9sicyao-dmitry-ratushny

最後にカメラの見た目。いかにもカメラ!出た~!一眼レフ自慢奴~!みたいな感じだと抵抗がある方も少なくないのではないでしょうか。実際、バリバリの一眼レフとか持って出かけるとやっぱりすごい目立ちます。すごい視線を感じます。そういうのを経験すると、そうやって人の視線を感じるのが何だか嫌になって、ちょっとやそっとではカメラを持ち出さなくなります。結局使うのはせいぜい旅行の時だけ。それではもったいなさすぎる。

だから自分の中で、どういう見た目のカメラであれば、日常でぶら下げても違和感が無いか。こういうポイントもとても大事です。

もちろん、バリバリ一眼レフ!って見た目がむしろ好き!という人ならそれで問題ありませんヨ。

 

最初にまず選ぶべきカメラの基準とは?

m_ccd-880363_1280

先ほど説明した「写りに感動があるかどうか」という点には、わりと簡単な判断基準があって、それはセンサー(撮像素子)が大きいかどうかです。ほとんどの人はこの事実をまず知らないので一番重要です。

とりあえず初心者の方は、画素数はほとんど無視して良いです。

1600万画素より2400万画素の方が良い風に聞こえるのは気のせいです。

すべてのカメラにはセンサーが搭載されていて、その大きさで写りの良さが大きく変わってくるわけで、スマホにもカメラが付いているから、もちろんセンサーが入っています。

で、そのセンサーの種類。

全部説明すると長くなるので、主流となっている部分だけで言うと

・フルサイズ (プロが使うレベル/ガチの趣味の人)
・APS-C (わりと本格的に写真を楽しみたい人)
・4/3インチ (写真は楽しみたいがコンパクトサイズを求める人)
・1インチ (小さなカメラでスマホよりは良い写真が欲しい人)

の4種類。

この4つの中だけで言えば、フルサイズが最も大きく、1インチが最も小さいという順番です。

ちなみにiPhoneで採用されているセンサーは1/3インチ。1インチの3分の1しかない。そりゃースマホ自体が小さいんだから、その程度しか積めない。だから本当に美しい写真が撮りたいなら、スマホよりも大きなカメラを買うしかないのです。

とりあえず、2016年11月時点で言えば、1インチ未満のクラスは、候補にすら入れなくて良いです。

 

センサーが1インチのカメラで代表的なものはこれ

rx100-image

ソニーのRX100。とにかく小さい!ひたすら小型を求めるならばコレ。写りはそこそこ。まぁこの小ささで1インチっていうだけで満足してもらいたいレベル。レンズ交換はできません。ズームあり。ちなみにRX100はシリーズでRX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5と出ているけど、コスパで言ったらRX100M3かな。7万円ぐらい。

 

他に有名どころでいえばコレ。

nikon1-image

ニコンのNikon1シリーズ。レンズ交換可。Nikon1シリーズは、「カメラを本格的にやってみたいけど、大きくてゴツゴツしてそうなのは嫌。ニコンって有名なメーカーだよね!」みたいな人に受けて、結構売れています。5万円ぐらい。

個人的には一番おすすめしないです。なぜか?それは、そういう人が本来望んでいるような写りは、1インチでは実現できないからです。何となく分からないままに吟味して買ってしまった。たぶん「ニコン」の看板がなかったら選ばれていないだろうと思われます。

勘違いしないでいただきたいのは、ニコンというメーカーが悪いんじゃない。Nikon1というシリーズはおすすめしないと言っているだけです。1インチのセンサーなら、ひたすらコンパクトにこだわるべきで、レンズを交換してまで使うセンサーサイズじゃないと思っています。

 

センサーが4/3インチのカメラで代表的なものはコレ

epl7-image

オリンパスのPENシリーズ。レンズ交換可。写真は一番売れてるE-PL7。6万円ぐらい。4/3インチまで来るとなかなか良い写りはするのですが、金額と大きさを考えるともう1つ上(APS-C)を買った方が良いかなと。個人的には、4/3インチが一番中途半端なランクですね。

 

あとコレ。

g7xm2-image

パナソニックのGX7 MarkII。レンズ交換可。7万円ぐらい。ちなみにオリンパスとパナソニックのそれっぽいカメラはすべて4/3インチなので、レンズを買い足していっても、本体のステップアップ(4/3インチ→APS-C→フルサイズ)が望めないのが痛い。

本当にカメラはかじるつもりしかなくて、ハマるつもりもないし、ステップアップもしない。いま一時だけの軽い趣味で、とにかくこのパナソニックのデザインが好き!という人以外はおすすめしないです。

 

センサーがAPS-Cのカメラで代表的なものはこれ

kissx7-image

キヤノンのEOS KISS X7。もちろんレンズ交換可。5万円ぐらい。いわゆるいかにも「一眼レフ」らしい見た目のカメラは大抵APS-Cだけど、このKISS X7はその中でもダントツに小さい。もっと小さなレンズに付け替えればさらに小さくできるので、小回りがきく。

小さいし、安いし、正直言ってコスパの王様。少し古い機種なので機能的には劣る部分もあるけれど、もし満足できなくなった時は、キヤノンの別の本体に買い替えれば、レンズ自体は引き続き使えるのでありがたい。見た目が問題なければ、最初の1台としてはかなりおすすめ。メーカーがキヤノンということもあって、選べるレンズの種類が多いのも嬉しい。

 

あとコレ。

eosm3-image

同じキヤノンが出しているEOS Mシリーズ。写真はEOS M3で6万円ぐらい。レンズ交換可。

EOS KISS X7とEOS M3の違いは、一眼レフかどうかだけど、ものすごく雑に説明すると、覗くところがあって、実際の姿かたちを見ながらシャッターを切るのが一眼レフ。覗くところがなくて(覗くところがあるものもある)、主にモニター等で電子映像を見ながらシャッターを切るのがミラーレス。構造上、ミラーレスの方が圧倒的にカメラを小さくできるメリットがある。

そういう意味で、EOS Mシリーズはとにかくコンパクトでありながら、センサーがAPS-Cという最高の条件を満たしている。

一点だけ難点を挙げるなら、EOS Mシリーズは、まだ使えるレンズの種類が少なく、今後の発展に期待する機種。またEOS Mシリーズ用のレンズは今のところEOS Mシリーズでしか使えない。

 

それからコレ。

a5100-image

ソニーのα5100。レンズ交換可。APS-Cのミラーレスカメラの中で言えば、α4桁シリーズはおそらく先頭を走っている機種。ソニーはとにかく技術力が高くて、オートフォーカスも凄いし、暗いところにも強い。一眼レフの時代はキヤノンとニコンの二強だったけど、ミラーレスの時代になってからソニーの勢いがすごい。上位機種に6000番台のモデルがあるけど、ちょっと高くて10万円はする。コスパでいったらα5100がいいかなぁ。だいたい6万~7万円ぐらい。

 

こんなものもある。

gr2-image

リコーのGR。レンズ交換不可。ズームなし。6万円~7万円ぐらい。センサーサイズがAPS-Cのカメラをポケットに入れられる素晴らしさ。「気軽にきれいな写真を撮る」という意味では最高の機種。

ただ、レンズが交換できないので、APS-Cというセンサーサイズを完全に活かせるわけではないのと、良いカメラ特有のボケはあまり期待できない。対抗機種は富士フイルムのX70。

 

センサーがフルサイズのカメラで代表的なものはこれ

5dm4-image

キヤノンの5Dシリーズ。たぶん世界で最も多くの人が使っているフルサイズの一眼レフ。プロからアマまでとにかく抜群の人気。最新の5D MarkIVは50万円ぐらいするけど…。まぁフルサイズといっても、もっと安いのもあって、20万円切るのもあります。本気でカメラの素晴らしさを体感したい方はどうぞ!

 

あとこういうのもある。
5dm4-image

ソニーのRX1。センサーサイズがフルサイズのミラーレスカメラ。

フルサイズということを考えると、おそろしく小さい。値段は20万円ぐらい。フルサイズの写りの良さを、これだけ小さなボディで持ち運べるという素晴らしさ。恐るべし。お金がある人はこれ!

 

以上が大まかに代表的な機種の一例。

 

そして私が選んだこれ

x100t-image

富士フイルムのX100T。レンズ交換不可。ズームなし。10万円也。

センサーサイズがAPS-Cで写りが良く、ボケもそこそこ期待できるカメラ。被写体にも寄れる。覗いて撮る楽しさもある。

レンズは交換できないけど、固定のレンズは35mmという個人的に一番好きな画角(がかく)。画角の好みについては、実際に使ってもらわないと理解できないと思うので、ここでは説明は避ける。ほとんどの人はズームできるカメラしか使ったことないはずなので、ここが一番理解しにくいかも。さっき紹介したリコーのGRは28mm。35mmよりももう少し広い範囲が撮れるので便利だけど、その分ボケにくくなる。

ギリギリ許容できるぐらいの大きさ、一日首から下げても疲れない軽さ。一眼レフほどゴツゴツした感じがなくて、お洒落感もある。逆に言えば、いかにもお洒落ぶってる感もあるけど、一眼レフの野暮ったさを考えればマシだと思う。

富士フイルムは写りに定評のあるメーカーで、いまAPS-Cのミラーレスカメラなら富士フイルムが一番評判が良いかもしれない。レンズ交換できるタイプの機種もあるんだけど、初心者がレンズ交換するとは到底思えない(レンズ交換は本当に面倒くさいので)のと、35mmのレンズで大抵の写真は撮れる(と思っている)ので、必要十分かと。

ちょっと高いのが難点だけど、中途半端なカメラ買ってテンションが上がらなかったり、買いなおすハメになるぐらいなら、最初からバッチリなカメラを買っておくのが吉。

実際に買って使ってみた感想としては、間違いなく最高。写りもいいし、カメラとしての楽しさもある。そして許容できる大きさと重さ、見た目。

私自身、ずっと一眼レフ使ってきたから、コンパクトであることが、身近にあることが、これほどまでに素晴らしいものかと、ある意味ショックを受けた。

そして一方で、一眼レフには一眼レフにしかない素晴らしさを再認識させられて、一眼レフの使用回数までも増えた。最高だ。

 

10万円はちょっと高いなーって人向けのおすすめ

kissx7-image

キヤノンのEOS KISS X7。5万円ぐらい。

 

もしくはこれ。

eosm3-image

キヤノンのEOS M3。6万円ぐらい。

 

以上、嫁がカメラを欲しいというので本気で選んだ結果、兼、初心者のためのカメラの選び方講座でした。

 

Pocket