新婚旅行でウユニ塩湖に行って、日本に戻って、さらにモルディブに行く。Part2

Pocket

bDSC_2241

 

無事に新婚旅行の前半戦を終えて、成田空港に戻ってきたわたしたちは、そのままシャトルバスで羽田空港に向かって、空港内のホテルにチェックイン。

一週間しか経ってないのに、久々に食べる日本食は最高にうまい。
世界一周した私の経験上、日本は間違いなく世界一の、食の大国。

 

移動疲れもあり、あっという間に次の日の朝がやって来て、シンガポール、スリランカ(一泊)と経由して、モルディブに着いた。

 

モルディブって名前はよく耳にするけど、そもそもどこやねん、って方。

こちらです。インドの左下。

 

小さすぎて見えないですが、島国です。
正確には、小さな島の集まった国ですね。

 

 

水曜日のダウンタウン風に言えば、

「ビーチなんて結局どこでも一緒 説」

をかかげている私ですから、

「きれいな海」 が望みならば沖縄で十二分だろうと思ってしまうし、海外の解放感をプラスしたいなら、東南アジアにそんなビーチは山ほどあるぞ、と普段であれば声高に訴えるところですが、なにしろ今回は新婚旅行。

 

コスパだけで言えば最低レベルのクソ高い高級リゾートなんぞに、なんでわざわざ!と思うのは、私は日常生活に冒された凡人ですと宣言しているようなものです。

逆に言えば、そんな場所にクソほどの大金を積んでいくようなことも、金輪際きっとないでしょうから、この経験ができるのは、「新婚旅行」という人生にたった一回のタイミングしかないのです。

 

そうと決まれば、徹底的に納得できるホテルを探そうと、さっそくトリップアドバイザーをひたすら見まくる毎日です。

 

そして導き出された結論が、こちら。

 

1. 水上ヴィラ

2. プライベートプール付き

3. 広い部屋

4. プライベート感のある場所(人が少ない/日本人が居ない)

 

大手のJTBやHISなんかで取り扱っているホテルは全部却下です!

 

そしてさんざん吟味した結果決めたのが、ドバイの高級リゾート「パームジュメイラ」で有名なジュメイラグループのリゾートです。

 

Jumeirah Dhevanafushi

 

モルディブの島々は点々としていますから、中心地から近いリゾートであれば、ボートのみで行けたりもするのですが、今回選んだリゾートは少し遠目でして、マレ国際空港から、国内線飛行機で約1時間。

 

着いたら、すでに南国感がすごい。

bDSC_1311

 

奥の船着き場から、スピードボートでさらに15分。

bDSC_1313

 

メインランド船着き場。

bDSC_2229

 

メインランドから水上ヴィラのあるエリアまでは離れていて、船でしか行き来できないようになっている。ちょー静か。

bDSC_2143

 

部屋はクソがつくほど広いです。

このベッドルームは実はサブで一回も使ってない。

bDSC_1331

 

bDSC_1325

 

bDSC_1608

 

bDSC_1344

 

bDSC_1330

 

bDSC_2103

 

bDSC_1510x

 

bDSC_1367

 

bDSC_1724

 

bDSC_2161

 

bDSC_1952

ちなみに、ウェディングドレスは、ドレスコーディネーターの妻が選んだ「ジェニーパッカム(Jenny Packham)」のもの。一回しか着用してないし、専門のクリーニングもして非常にきれいな状態ですので、もし買いたい人がいればご連絡を。

 

 

ところで、2日目の夜だったか、ディナーの時に、「せっかくだし、シャンパンでも飲もうか!」と慣れないことを提案してみたのだが、

ウェイターに聞いたところ、グラスのシャンパンが切れてて、ボトルしかないとのこと。

2人ともそんなにお酒は普段から飲まないので、ボトルはなぁ~と思って悩んでいたところ、ウェイターが「あっでも、じfm@sdふじこlp なら有りますよ?」と言ってきて、

肝心のお酒の名前は全く聞き取れなかったのだが、ここで聞き返すのもダサイと思い、「じゃあ、それ下さい。」とか通ぶってみたわけです。

話の流れからして、シャンパン的なやつなんだろうと。まぁシャンパンじゃないけど、スパークリングワインだよ、的な。よく知らんが。

 

ほどなくしてウェイターがボトルをかかえて戻ってきた。

ん!ボトルなのか!?とか思ったが、今さら引けないので、黙ってシャンパングラスに注がれるのを待っていた。

ウェイターは私の目の前のグラスに、4分目ほど注いだ。

 

そしてそれから、どれほどの時間が流れただろう。1時間、いや2時間か?

 

というレベルで時が止まったが、実際には8秒ぐらいだと思う。

 

嫁さんの方のグラスに注がれたら乾杯しようと思っていたら、ウェイターは何もせず、静止している。

 

なんだこいつは!

 

と思ったら、ぎりぎりのところで気づいた。

 

あ、これ試飲待ちやん。

 

なんだこいつは!(私) VS なんだこいつは!(ウェイター)

 

である。

 

恥ずかしさで、その酒の味は覚えていない。

 

Pocket