【誰でもできる】日本からウユニまでの航空券の買い方まとめ

  • 2019年10月22日
  • 2019年12月12日
  • 旅のTips
  • 41view
不安
ウユニ行きたいけど飛行機のチケット予約が不安。
旅行代理店でしか予約したことないけど、自分でもできるかな?
飛行機代はなるべく抑えたい…。
そんなお悩みを解決する記事です。
私は世界一周旅行で1回、新婚旅行の時にもう1回、計2回、ボリビアのウユニ塩湖へ行ったことがあります。さらに世界40ヵ国以上を旅した中で、本当にいろんな国への航空券を予約してきた経験があります。
・オンラインで何時間もにらめっこしたこともあります。
・現地の旅行代理店を何軒も回ったこともあります。
・やむを得ず、空港内で高額チケットを買ったこともあります。
でも今なら、余計な手間をかけずに最短で買う方法が分かります。
これさえ分かれば、行きたかったウユニはすぐ目の前です。

日本~ウユニへのルート

日本からボリビアへの直行便というのはありません。

このため、ウユニに行くためには、どこか別の国を経由してボリビアに行く必要があります。

たとえば、アメリカのマイアミもしくはニューヨークなどを経由して、ボリビアの首都ラパスに入り、それから国内線でウユニへ行くのが一般的です。

例1:東京(日本)→マイアミ(アメリカ)→ラパス(ボリビア)
例2:ラパス(ボリビア)→ウユニ(ボリビア)

航空券探しは、とにかく実際にやってみて慣れた方が良いです。検索には、スカイスキャナーというウェブサイト(アプリもあります)が一番おすすめです。


『スカイスキャナー』の使い方

使い方の基本

SkyScanner_SS

スカイスキャナーは、色んな航空会社や旅行代理店をまとめて検索して、結果を表示してくれるサイトです。日本語対応しているので、検索はとても簡単です。

入力欄に文字を入れると、候補が出ます。具体的な空港名が分からなくても地名で大まかに指定することもできます。

SkyScanner_SS_a

 

試しに、出発地:東京(指定なし)、目的地:ラパス(LPB)、出発日はと現地出発日を適当に入れて検索してみます。

SkyScanner_SS_b

 

こんな感じで検索結果が表示されます。

SkyScanner_SS_c

この検索結果の場合、一番安いのがエアカナダ+アビアンカ航空の組み合わせで、171,596円ですね。(この時1ドル=105円です)

 

気になる検索結果があったら、「詳細」をクリックしてみましょう。

SkyScanner_SS_d

 

するとこんな感じで詳細が表示されます。

SkyScanner_SS_e

一番最後に「チケットを予約」というところが出てきます。この場合は一番安いのが、「Tripsta」というサイトで171,596円ですね。「予約」をクリックして、Tripstaのサイトに飛んでもいいのですが・・・ひとまず落ち着いて下さい。

私のおすすめするスカイスキャナーの使い方

スカイスキャナーに表示される旅行代理店は通さず、航空会社から直販で買うことをおすすめします。

私はどこの国へ旅行する時でも、すべて以下の方法で航空券を買うようにしています。

・最初に、スカイスキャナーでルートと相場を調べる。
・各航空会社のホームページで空席と価格を確認。
・席があり、価格に大きな差がなければその直販ページで買う。

 

ネット上の旅行代理店から航空券を買わない理由は3つあります。

①直販が一番安い。(もし最安値ではないとしても大差はない)
②何かトラブルが起こった時に、直接買っている方がサポートが確実。
③そもそも信用できる代理店かどうかの判断がつかない。

②と③は結構おろそかにされがちですが、とても重要なポイントです。

飛行機の便は航空会社都合の変更がよく起こります。自分都合の変更も含め、出発までの間に何かしらスケジュール調整が必要とされることは珍しくありません。

そんな時、100%確実に航空会社のサポートを受けるためには、航空会社から直接チケットを買っておくことをおすすめします。旅行代理店の対応が遅い、言ったことが伝わっていなかった、といったストレスを抱えるのは不毛です。

大前提として、この事実を覚えておいて下さい。

直販で買ったお客=一番利益の高いお客

旅行代理店を通して購入した場合は、購入金額の一部が代理店の利益になります。その分、航空会社の利益は減ります。航空会社がもっとも大事にしたいのは直販で買ってくれるお客です。

また、代理店の信用度は、たとえばHISのような有名な国内のお店なら別ですが、ネット検索の最安値で出てくるような代理店は、たいてい聞いたこともないようなお店です。

ただでさえ不安に感じている南米への長旅を、そんなお店に託して万が一の事態に対応できるでしょうか?

私なら、わずかな金額の差のためだけに、そのリスクは負うことはしません。

日本からウユニまでの航空券は何を選べばいい?

結論から言います。

日本からボリビアの首都ラパスまでは、アメリカン航空をおすすめします。

理由はシンプルで、乗り換えが必要な場合、複数の航空会社の組み合わせで買うのは避けた方が良いからです。飛行機の便というのは天候に左右されやすく、遅延や欠航が珍しくありません。

たとえば先に乗る便が欠航したとしましょう。そして、その便が翌日に振り替えられたとします。その時、乗り継ぎ予定だった便に間に合うでしょうか?

残念ながら、それぞれの会社にとっては、あなたがこの2つのチケットで乗り継ぎ予定だったかどうかは関係ないのです。

欠航してしまったため、お客様のその補償をする。
・自社の便を振り替える。
・返金する。
予定通りに運航したが、搭乗予定のあなたが来なかった。
・補償できることはなし。

ここであなたにできることは、乗り継ぎ予定だった航空会社Bのチケットを自腹で変更、もしくは買いなおすことだけです。

このような理由により、目的地までひとつの航空会社で運航しているルートを選ぶことを強くおすすめします。

 

ボリビアまでひとつの航空会社で運航している便は、アメリカン航空と、ラン航空(LATAM)です。

その上で、アメリカン航空をおすすめする理由は、乗り継ぎのスムーズさです。

国際線の乗り継ぎ時間は、最低2.5時間、できれば3時間~6時間の間がベストです。

乗り継ぎ時間が短すぎると、ちょっとの遅延で乗り遅れますし、乗り継ぎ時間が長すぎると、待ちくたびれてしまいます。

アメリカン航空の場合は、比較的乗り継ぎ時間が少なく、スムーズにボリビアまで入国できるスケジュールが組めるのがメリットと言えます。

取れる休みの日数を考えても、できる限り乗り継ぎの待ち時間を少なして、現地で過ごせる時間を増やしたいでしょう。新婚旅行やカップルでの旅行なら、できる限り、飛行機疲れを減らしてあげたいところです。

中南米の空港をナメてはいけません、本当に何もありませんから。それから疲れが溜まると、高山病にもかかりやすくなりかねません。できる限り体への負担を減らすことが大事です。

アメリカン航空のチケットをオンラインで予約する方法については、以下の記事にまとめています。

関連記事

ウユニ塩湖に行くためには、まずはボリビアの首都ラパスまでの航空チケットを確保しなければなりません。 アメリカン航空のサイトで、航空券を予約する方法を解説します。   ウェブサイトは基本的にちょこちょこ修正[…]

ラパスからウユニへの最適な行き方は?

日本からボリビア(のラパス)までの行き方は分かったと思いますので、次にラパスからウユニへの行き方を考えてみます。

ウユニは、ラパスの南に位置しており、結構離れた場所にあります。

 

ラパスからウユニへの行き方は、

①バス+バス
②バス+電車
③飛行機

と3種類ありますが、私のおすすめは飛行機です。

バスや電車の場合、安いのは良いですが、乗り換えがある上にトータル10~12時間程度はかかります。

これが、飛行機なら1~2時間です(飛行時間は45分です!)。
貴重な休みを使って来ているのに、こんなところで余計な時間を使う必要はありません。

 

ちなみにボリビア発ウユニ行きの便があるのは、この3つです。

①アマゾナス航空
②ボリビアーナ航空
③TAM航空(直行便なし)

こだわりがなければ、便数が多くて安いアマゾナス航空が無難です。

便や時期によって異なりますが、チケットの値段はおおまかに120ドル前後です。

この記事の中ではアマゾナス航空と表記していますが、正式な読みはアマソナスです。「Amaszonas」という表記のうち z はスペイン語では濁音にならないためアマソナスになります。ZARAは日本ではザラですが、本拠地スペインではサラです。

アマゾナス航空のチケットをオンラインで予約する方法については、以下の記事にまとめています。

関連記事

困る ラパス~ウユニのチケットを予約したい。 アマゾナス航空の予約は面倒だと聞いたけど… 日本語対応していないサイトから買うのは不安。   そんなお悩みを解決します。 ラパス発ウユニ行きのチケッ[…]

 

それでは皆さん良い旅を!

 

関連記事

  悩ましい ウユニ塩湖に行きたいけどやっぱり高い? ツアーではなく個人手配すれば費用はおさえられる? 航空券を自分で取るのが大変らしいけど… ボリビアはスペイン語って聞いたけど英語すら喋れない。 […]